48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年茂木町ふれあいマラソン
2017年青木湖マラソン
2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017東京湾アクアスロン
2017サンライズイワタ
2017うつくしまトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



コスモス畑

今朝は、インターバルトレーニングを含めた5キロRUNの後、20キロ先の益子で開催されているコスモ祭り(つまりはコスモス畑)にロードバイクの練習を兼ねて行ってきました。(益子まで車通りの少ない走り易いコースを見つけたので行きやすくなりました)少し早い時間であったので人も少なく、ゆっくり楽しむことが出来ました。

マラソン1008



ベストな気温

今朝は、雨が少し残る中、9時半よりいつもの10キロ。
少しスピードを出して調度良い気温と言った感じで走り易い。久々に最初から最後まで気持ちよく走れました。

マラソン1007



2017サンライズイワタin竜洋大会

サンライズイワタは、昨年もミドルの大会として初めて参加した大会で、ラン後半ハンガーノックで大きく失速し、散々な結果に終りました。その後ミドルの大会に出る機会に恵まれず、昨年に続き2度目のミドルの大会となりました。昨年同様、前日受付をして浜松駅近くのビジネスホテルに前泊。当日朝6時過ぎに会場駐車場に到着すると、既に車でいっぱい。自転車を組立、少し離れた会場まで自走して、直ぐにトランジットのセット。
2017サンライズイワタ03

これまで大会時のウエアは、パンツはトライアスロン用で、シャツはスイムの後、トライシャツかランシャツ(体が締め付けられ腰痛の原因になるので最近はほとんどランシャツ)を着ていました。しかし今回は風が強く吹く予報で、しかも晴れてランの時は暑くなりそうであったため、初めて各パート毎にそれぞれのウエアに着替えることにしました。また昨年の大会の時の大きな問題点の1つが競技中にお腹を冷やして調子をおかしくしてしまったこと。その対策として考えたのが、1つはバイク中の腹巻で、本来は冬の寒さ対策のものだと思うのですがパールイズミよりバイク用のものがあったのでこれを購入。何度か使用して良い感じで今回もこれをセット。もう一つがランの時に汗でぬれたウエアが体に引っ付き、これでお腹を冷やしてしまうこと。これに対しては登山用の撥水性のアンダーシャツで対応。今年のうつくしまトライスロンのとき着用して、濡れたシャツが体に着かずかなり良い感じでした。今回はこれをスイム時から最後まで着用することにしました。そして昨年失敗した補給食。ウエストバッグにジェルを入れて、忘れないようヘルメットの上に置くことに。他、トランジット毎に飲むジェルも着替えに上にしっかりセットしておきました。
2017サンライズイワタ02こんな感じにセット

トランジットの準備も無事終え、しばらくすることも無く開会式まで座って待つち、7時半より開会式。今年もユニークな大会会長の挨拶の元、大会が開催されました。8時15分頃入水して、少し離れたスタート位置に試泳を兼ね移動。今年も水は濁っていて視界はほとんどない(水質は良いそうです)。スタート付近に着いてもしばらく待つことになるので、時々は泳いでウェットスーツを着た時の泳ぎの感覚を確認する。この時今日は結構調子が良さそうと思ったのが、この後の失敗につながったのかも。待っている間に今回はどのように泳ぐか考えました。前回この大会のスイム順位は全体の2/3、しかし今年のうつくしまでは上手く人の後ろに付くことができ1/2まで上げられることができた。今回、最初外側の前後真ん中あたりからスタートして、その後多くの人が内側に寄ってくるだろうから、そこからは比較的空いているところを見つけて、できれば誰かの斜め後ろを泳ごうと考えました。スタート前は外側の足の付く位置で待機している人が多いので、混雑を避けるため少し内側、外側から1/5あたりの位置からスタートすることに。1分くらいフローティングして待ち、いよいよスタート。
2017サンライズイワタ01この下からスタート。この100m先で・・・

スタート直後は、いつものように混み合う。ここはしばらく我慢と、なるべくいつものペースで泳ぐように心がける。2、3分泳いでも状況はあまり変わらず、また予想していた最外の人が内側に寄ってきて、外側が空いてくる感じが無い。混み合いも、緩くなったり、きつくなったりを繰り返し、運悪く頭をたたかれゴーグルが外れかける。ここは慌てず立ち泳ぎして、中に入ったゴーグルの水を抜き、直ぐに修正。その間数秒。この対応が出来たことで、さらに自信が付いたのが(いい気になったのが)悪かったのか・・・。その後も今一つ混雑が解消されない中、暫くして自分の呼吸がいつもより苦しいのに段々気付きました。少しペースを落としてと思ったときは、時は既に遅し。息苦しくて、平泳ぎに変更して、5秒ほど休憩。その間かなりの人に抜かされる。で、また普通に泳ぎ出すも直ぐに苦しくなる。再度平泳ぎを続けながら考える。そんなにペースを乱したつもりはなく、心臓に異変が起きたか?これは溺れるパターン?ここは無理せずにリタイア?。周りを見渡し外側20m位先に、ライフガードの人がいるのを確認。こちらがライフガードを見ながら平泳ぎをしてたので、向こうも私に気付き注視しているのが判りました。ここで手を振ってリタイヤするかかなり迷いました。(以下、一瞬の内に思ったこと:とにかく安全第一、溺れたら多くの人に迷惑をかけるので勇気あるリタイアは必要。2泊3日の予定での大会を僅か数分でリタイアはあまり情けない、この後どうする今夜のホテルはキャンセルして帰る?。でも、事故でなくなるのって、このパターンの気がするし・・・・)。少し、顔を出したままの平泳ぎを続けると、少し落ち着いてきた。(以下、短い時間で思ったこと:平泳ぎを続けていれば、さほど呼吸は苦しくない。これって、マロニエトライアスロンでバトルを楽しみ過ぎた後の状況と似ている。今回、これまでペースが速すぎた?ゆっくり泳げば大丈夫か?。とりあえず、これ以上危なくなったらリタイヤすることにして、ゆっくりゆっくり泳いでみよう)。ここからは、タイムは気にせず、完泳することだけを意識して泳ぎ始めました。直ぐに最初の90度ターンのブイがあり、混雑を避けるため、大回りでひたすらいつものペース、いつものホームで泳ぐことを心掛けました。そしてその後は、いつも通りの感じに戻ることができ、何とか完泳できそう。泳ぎながら改めて、最初の泳ぎを思い返しましたが、その時は苦しくなった理由は???と言う感じでした。(後で考えれば、回りのペースにつられてオーバーペースになっていたのは明らかです。平泳ぎをしているときかなりの人に抜かれ、タイムもかなりロスしたにも関わらず、最終的にスイムは昨年より若干良いタイムでした)

最初のブイを曲がるとしばらくは直線(400m位?)。ともかくペースを守って息を乱さないことだけに集中する。2つめのブイを曲がるころにようやく気持ちも落ち着き、普通にスイムを行うことができるようになりました。この大会のコースを簡単に言うと東西400m南北100mのコースを2周回。ボート用に整備された汽水湖の北側寄りにコースがあり、3つ目のブイを曲がると北側の湖岸を近くに見ながらしばらく泳ぎことになり、ここが一番泳ぎやすい。慣れたところで誰かの斜め後ろに付こうとするのですが、やはり水中の視界が無いので難しい。時々人の後ろに付く程度の感じで1周目を終了。2周目に入るとここから半周は左に見える湖岸が離れていて、コース取りがしにくい。またそのためか全体的に人が広がり、自分の位置に今一つ自信が持てない。頻繁にヘッドアップをしながら位置を確認して、泳いで行きました。そして最終コーナーを曲がり、最後400mは結構上手く人の後に着くことが出来でき、何となく良い感じでスイムをフィニッシュ。とは、いっても最初の影響でタイムは落としていると思ったのですが、トランジットに向かう途中にMCの「スタートして42分以上経過しましたが・・・」との声が。思った以上遅れていなくて一安心。

しかしトランジットに付いてウエットスーツを脱ぐときに問題発生。私のスーツは前開きで、結構腕が抜きにくい傾向にあるのですが、今回はなぜだか右腕が上手く抜けずジタバタ。左腕を抜いて、変に折れている右腕部分を直せばよいのですが、構造上両方がある程度脱げないとそちらも抜けにくい。ジタバタしている内に後から来た隣の人はトランジットを終えて出ていく。何とか左腕を抜き、スーツを脱ぐ。たぶん1分以上ロス。そして今回忘れてはいけない給食。まずはその場でジェル1本のみ、腹巻、バイクシャツを着て、その上にジェルの入ったウェストバックをしっかり巻き付け、バイクパートへ。

トランジットを出て、スズキのテストコースまで2キロ程度は無難に進めることに。所々で地元中学生が応戦してくれているので、できるだけお礼を言って走り抜ける。テストコースはもちろん昨年と同じ。但し大きく違うところは、昨年はほぼ無風であったのに対して、今年予報では5mの風が吹くこと。スズキのテストコースは、かなり大雑把に言ううと東西に長い1周6キロ強のコース。コースに入って東に進むといきなりの東風。しかし30キロを保って進みました。何度かカーブを曲がり、西に向かう直線コースになると、いきなり加速。私でも40キロ近いスピードが出せました。しかし西端まで行き大きく曲がると今度は向かい風。大きく失速。こんな感じで2周回したところで、トイレのためピットイン。3周目に入ると、風は一段と強くなった感じで、向かい風では26キロ程度までしか出せない。昨年は、ほぼ無風で、ギアチェンジはほとんどしませんでしたが、今回は1周の間に風向きによって3段階に切り替える感じ。それでもテストコースなので、広く、キープレフトをしていれば後ろから来るバイクを気にすることがなく快調に走れました。6周を終えたところで、ジェルで給食するためピットイン。念のためトイレにも寄り再スタート。そして最後まで特に問題もなく最後の一周。コース内でずっと応援してくれた中学生にお礼を言ってテストコースを離れ、トランジットへ。

トランジットに戻り、再度ジェルで給食。バイクシャツ、腹巻を脱ぎ、ランシャツへ。靴を履き替え、空になったウエストバックには新たにジェルを補給して、ランパートへ。今回も走り始めはかなり調子が良い。しかし100mも走って。右靴底に違和感が。何か靴裏に張り付いている感じで、母指球近くに何か当たる感じ。少し広くなったところで左靴を脱いで点検するも異常なし。しかし靴を履いて再び走るも違和感が。再度靴を脱ぎ、インソールも外してみても異常なし。なのにやはり、走り始めると違和感が。諦めてそのまましばらく走ることに。ここまで2分以上のロス。ペースは50~55分/キロペースで走れば十分と考え、走っていると、1つ目のエイドで調度同じくらいのペースの人に追いつき、暫くはその人に、付いて行くことに。ランのコースも大雑把に言うと東西にJの字のコースを往復10キロを2周回。往路は向かい風が多く、復路は当然その逆。なので1~5キロは向かい風でかなり苦しい。前の人のペースは5分/キロで、4キロまは何とか付いて行きましたが、風と、暑さでそれ以上は無理と判断。折返し手前のエイドでは倒れそうな感じになり、頭から水をかけ、何とか生き返りました。折り返してからは追い風で楽になったのですが、暑さが堪えてきて、エイドで水を掛けるのを目標に走ることに。このような暑い中走るのはこれまでも何度かありましたが、これまでは距離は10キロ。今回はその2倍!大丈夫だろうか少し不安に。昨年汗でお腹を冷やしたことに対しては、前述の撥水性アンダーシャツが効力を発揮して、濡れたシャツが密着せずにいい感じ。しかし、昨年に続き今回も腰が痛くなってきました。昨年の反省から背筋の強化で筋トレを2倍にして、腹斜筋のトレーニングも加えたのに・・・。また、事前80キロバイクの後、5キロランの練習も行い腰痛の出ないことを確認したのに!?・・・。

結局、この後は風、暑さ、腰痛との戦いになりました。1周を終えた時点で約55分。靴の点検での2分ロスを見ればまずまずのところ。しかし、暑さが段々聞いてきて2周目はあまり無理をしないことに。そして腰痛がだんだんひどくなってくる。予定では2周目に入る前にジェルで給食する予定だったのですが、腰が痛いせいかその気になれず、これをパス。2周目は向かい風が厳しい折返しまで兎も角気を引き締め、そこがゴールだと思うくらいの気持ちでそこまで走りました。途中あるエイドでは必ず頭に水をかけました。ようやく折り返し、後は腰痛と暑さだけ・・・。暑さは時々太陽が陰るようになり、こうなると一気に楽になるのですが、腰痛はひどくなる一方。時々、手で腰を叩いたり、揉んだりしていたのですが、トライパンツの中に手を入れて腰を揉んでいるとき重要なことに気付きました。2年前から履いているトライパンツはゴムが少し?きつめで、紐でパンツを固定する必要がないほど。その締まり具合の位置と腰痛の位置がほぼ一致している。トライシャツも締め付けられて、こちらはオリンピックディスタンスでも腰が痛くなり直ぐに着用をやめたのですが、どうもパンツも同じよう。(ミドルくらいの長さだと影響が出てくるのかも)。確証は無いですが、これまでの経緯からなんとなく納得して、緩めのパンツにすれば腰痛を防げる気がして(今もそう思っています)一気に気が楽になりました。今回だけは我慢して走ろうと残りを何とか走り切りました。そして、苦しい思いをで何とかゴール。ゴール前のタイマーを見ると5時間18分台と昨年とほぼ同じタイム。少しがっかりするも、いくつかのアクシデントと暑さ、風を考えればこんなものか。しかし条件が厳しいのは皆同じ名なので、順位は、そこそこ上がっているだろうと思っていました。
2017サンライズイワタ05私の後も次々ゴール 2017サンライズイワタ04ゴール後のお団子

ゴールして昨年と一番違うことは、昨年はゴール後倒れこんで嘔吐したのに対して、今年はお団子やお弁当を美味しく頂けたことです。そして少し休んで、片付け等をしている内に制限時間。その後直ぐに表彰式と抽選会。
2017サンライズイワタ06お弁当も素朴です。2017サンライズイワタ07抽選会

抽選会は、結構手際よく行われているのですが、商品が多く(主にメロン、鰻、シラス、うなぎパイ)、また当たってもいない人も多いため1時間以上掛かっていました。(多分、残っている人の半分近くは何かしら当たっている感じです)。今年は残念ながら何も当たらず、貰った無料券で近くの温泉に入り帰路に着きました。

大会関係者の方々ありがとうございます。特に学生の方々、応援を含めありがとうございました。

今回の結果              (昨年との比較)
総合  5:18:14(200位)   ←  昨年5:19:30 (順位211位)
スイム 0:42:03(202位)       0:42:12 (207位)
バイク 2:37:43(253位)       2:35:49 (267位)[両トランジット含]
ラ ン 1:58:55(143位)        2:01:29 (160位)
      (参加325人中)


2017サンライズイワタin竜洋大会<速報>

昨年のリベンジで参加したサンライズイワタ。今日は簡単に。

結果は何とも言い難いですが、決して満足行くものでなかったです。簡単言うと、昨年より風が強く、また暑く、条件が厳しいものでした。ゴールした時、昨年と大して変わらぬタイムの気落ちしたのですが、風や暑さで他の人はタイムを落としいるから順位は上がるだろうと思っていたら、順位も昨年と大して変わらず。ハンガーノックやお腹冷え対策をしたのに、結果はまだまだです。

後日詳しく書きますが、今回スイムスタート直後ペースを乱し、危うくリタイヤするところでした。

サンライズイワタ
ゴールの様子(私のではありません)

リベンジ

昨年、初のミドルトライアスロンとしてサンライズイワタ竜洋大会に参加したのですが、結果は、ハンガーノックで最後まともに走れず、しかもゴール後お腹の調子を悪くした散々な結果でした。で、今年もリベンジで明日、サンライズイワタに参加するため、今日は前日受付、磐田でなく浜松伯です。

去年の課題を克服して、今年は良い結果を残せるよう明日は頑張ります。

サンライズイワタ
今年も大会会長のユニークな説明