48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



30キロ走

今朝は6時より井頭公園で30キロ走。
走りはじめはいつもより人が少ない感じ。しかし走り終わりの9時頃はいつも通りの人。帰るころは結構暑くなりました。
マラソン0610-2
最初はこんな感じで人がほとんどいなかった。

マラソン0610-1
ランコースを少し外れてバラ園にも行ってみました。

2017潮来トライアスロン

潮来トライアスロンは昨年も出場しているため、会場までの道のりも順調。夜明けの4時半に家出て、6時過ぎには指定駐車場に到着で来ました。バイクを組立大会会場に着いた頃、調度受付開始。全てが前と同じと思いきや、今回はトランジットエリアの位置が変更になっていました。出場者名簿を見ると、参加者が前年より2割程度増えている感じ。なので少し広いところに移ったのかも。また、スイムのウェブスタートも3グループから4グループに増えでいました。
潮来トライアスロン5指定駐車場のショッピングセンターに貼ってあった

順調にトランジットの準備も終え、開会式に参加。競技説明で、スイムの入水方法が変更になったとのこと。昨年は多くの人が乗り半分沈みかけた桟橋からの入水が、マットを引いた岸辺から変更になり、これは嬉しい知らせ。昨年は入水も、上がる時も大変だった。また昨年はなかった眼鏡置場が岸辺に用意され、視力の悪い私には助かりました。潮来トライアスロン2
トランジットエリアは少し広くなった。
潮来トライアスロン1セット完了

さて、開会式も終わり早めに、アンクルバンドを貰って試泳まで暫し待機。試泳もマットを引いた岸辺から入水。昨年と同じくやはり水は結構冷たい。しかし、ウエットスーツをロングジョンからフルスーツに変更したので、昨年よりは大丈夫そう。10分弱試泳して岸に戻る。岸に上がる時は、マット以外のところから上がろうとしたのすが、護岸のブロックに藻が生えていてなかなか上がれない。入水位置や競技中の上陸位置にマットがある理由がよく判りました。
潮来トライアスロン3
今年も良く晴れました。鉄橋方向に泳いで行く。

しばらくして、競技開始、しかし私たち高齢者は最後の第4ウエブなので、スタートは第1ウェブの9分後、第3ウェブの後、スタート位置でフローティングで待ちます。今回は(も)、バトルを避けるため、結構外側からスタート。スタート合図後いつものように最初は自分のペースを守ることを心掛け泳ぎ始めます。昨年同様水中の視界はゼロ。時々ヘッドアップをして、前方を確認しながら泳いで行きます。なるべく空いているところを泳いでいるつもりでも、やはり周囲との接触はあり、ならば同じペースの人の後ろに付いて行ことするのですが、前の人の足すら水中で確認することが難しく、何度もトライしましたが、結局あきらめました。そして昨年同様、なぜか左側からぶつかってくる人が多い。それでも何とか自分のペースでそこそこのコース取りで折返しのブイまで到達。そこからも順調に進み、そしてまた昨年と同様、2周目に入るかなり手前から、第1ウェブの速い人に追いつかれます。今回はそこでは接触はなかったのですが、2周目折返しのブイ近くで、前に遅い人がいて、抜こうかとしているときに左右からそれぞれ別の人が迫ってきて、結局4人で軽いバトル状態に。私はスピードを大きく落としてそこを離脱。その後は最後の方まで特に問題なく自分のペースでスイム。しかし最後の岸近く。私の前を泳ぐ人が、ゴール地点が判らないのか私の前を右に行った、左に行ったり。何度か顔を蹴られそうになり、こちらも大きくスピードダウン。それでも無事にスイムは終了してトランジットへ。(岸辺にマットを敷いた方が桟橋よりも上陸しやすい!)

トランジットエリアに着いて一つ目の問題。ウェットスーツから手が抜けない!。フルスーツは昨年途中から使用して脱着の練習もして昨年は何の問題もなかったのですが、半年以上脱着をしていなかったので、脱ぐときのコツを忘れてしまっていた。いつもより30秒以上はロスして、何とかウェットスーツを脱ぎ次の準備を初めて、2つ目の問題というか、大きなミスに気付きました。靴下を履こうとして、それを忘れていたことに気付きました。時間の節約で、靴下を履かない人はいくらでもいますが、バイクはともかくランでは靴下がないとかなり不安。(これまで靴下なしで走ったことなどない)頭の中では、ランとき足が擦れて滲んでいる光景をこのときは想像しました。しかし今更どうしようもないので裸足のままバイクシューズを履き、バイクパートへ。

バイクコースは、ほぼ平坦で、曲がるところも少なくバイクの下手な私には向いているコース。昨年より風が強く、特に最後の周回の土手を走る時の向かい風がきつかった。今回は私より遅い人が結構いて(と言っても十人前後ですが)、しかし当然抜かされることの方が圧倒定期に多い。常に早い人の邪魔に成らぬようキープレフトを守って走っていますが、今回は最後まで結構気持ちよく走ることができ終了。(特筆すべきことはありませんでした)

トランジットに戻ると毎度のことながら他のバイクはほとんど戻ってきている。靴の履き替えは手際よく行え、帽子をかぶりランパートへ。ランのコースも昨年と同様で、土手の狭い道の片道2.5キロを2往復。昨年は天気も良く、気温も高く暑さとの戦いになり、最後はヘロヘロでのゴールとなりましたが、今年は天気は良いもさほど暑くもなく快調に走り始めました。
潮来トライアスロン01
ランコース

走り始めて直ぐに、比較的若い感じの人に抜かされたのですが、その人のペースが私のペースに似ていたので、暫くついていくことに、しかし直ぐにペースが少し早いことに気付きましたが、行けるところまで付いて行くことにしました。ランコースは狭いので前の人を抜いていくのも少し大変なのですが(3人並ぶのがやっとの狭い道を往復するので、往復の人が同時に抜く体制を取ることができない)、前の人に続いて順調に遅い人を抜いていく。昨年ほどは暑くはないものの暑くはあり最初の給水もしっかり取る。ペースが少し早い分息も上がってくるが、ここは本業だけに頑張ることに。1回目の折返し以降、前を走る人との距離が5mくらい開くこともありましたが、5キロまでは付いて行こうと踏ん張りました。体もかなり暑くなってきて、2度目の給水では半分水を飲み、半分は頭に掛けるようにしました。何とかペースを守って5キロの折返し。前を行く人も順調に走っていく。ここで自分のペースを落とすとずるずると速度が落ちていきそうで、最後まで前の人のペースで追っていくことにしました。結局ペースが速く結構苦しかったですが、なんとか最後までペースを落とさず、前の人と3秒差程度でゴール。自分のランニングウォッチを見ると45分台だったのでかなり満足。ゴール後、前を走っていた人にペースぺーカーとして後を走らせてもらったことを告げ、お礼を言って少し話をした後分かれました。
潮来トライアスロン4
>ゴール

その後陣取っていた場所に戻り、昨年の経験から用意していた保冷剤で体を冷やして一息つきました。そして今回は早々に帰路に着きました。

後日、ホームページで掲載されたリザルトによると私の成績は
   総合2時間51分29秒 245位(完走363人中)
      スイム 0:37:24 294位
      バイク 1:28:07 311位
      ラン  0:45:58  107位

   スイムが思った以上伸びなかったのが今回の反省点です。





昨日の疲れが

今日は8時半より、いつもの10キロRUN。の、つもりで走り出したものの、体が重い。明らかの昨日のバイク120キロの疲れが残っている。あと、朝から首の後ろが凝っている感じ。これまでエンデューロで120キロ以上走ったことはあったのですが、その時はDHバーなしだったのに対し、昨日はかなりの時間DHバーを握っていたので、その時の首を持ち上げる姿勢が効いている感じ。改めて昨日は良い経験だったと思います。

で、結局今日はジョグペースでになってしまいました。(泣)

マラソン0604
花が一段と咲き始めました。

ロードバイク120キロ

今朝は、諸事情で7時に佐野市に向かい、8時前には実家の羽生市に行くことに。しかし羽生市にでは午前中は特に用事がなかったので、昨年片道30キロ付近で折り返してきた、利根川サイクリングロードの北上を行うことにしました。

昨年見た案内図では、伊勢崎の次辺り(片道40キロ程度)で終りのような感じだったのでそのつもりで行ったのですが、その先もサイクリングロードは続き、結局前橋市まで入ってしましました。サイクリングロードはまだ続いていたのですが、その後の予定もあったので、今回は片道60キロで戻ってきましたが、正直かなり疲れました。

マラソン0603-1
早朝 羽生市から富士山が綺麗に見えました。

マラソン0603-2
一昨年マラソンで通過した県庁を確認して、戻ってきました。

2017潮来トライアスロン(速報)

今日は、今シーズン初のトライアスロンとして、昨年に続き潮来トライアスロンに参加してきました。昨年は晴れて暑くて、最後RUNでは倒れそうになりましたが、今年は同じ晴れでも、風もありさらっとした感じでまさにトライアスロン日和。結果、昨年よりも3分以上の自己ベストを更新できました。特に今回は最後のRUNで、調度タイミングよく私の前を、私がやっと追いつけるペースの人が走っていてその人に付いて行き、46分を切ることができたことが多大きかった。(前を走っていた選手、ありがとうございました。)

潮来トライアスロン01
大会関係者の方素晴らしい大会ありがとうございました。


大会の後、隣町の鹿島神宮を参拝。心和まされた感じです。
潮来トライアスロン02