FC2ブログ
48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪ (気付けば、現在56歳!)

大会レポート



全大会レポート一覧

2019年熊谷地獄の夏マラソン
2019年前橋渋川シティマラソン
2019年幸手市さくらマラソン
2019年古河はなももマラソン
2019年鴻巣パンジーマラソン
2019年勝田マラソン
2019年ちよだ利根川マラソン
2019年市貝町マラソン
2018年はが路ふれあいマラソン
2018年つくばマラソン
2018年宇都宮マラソン
2018年芳賀町梨の里マラソン
2018年那須塩原ハーフマラソン
2018年さくら市マラソン大会
2018年しおや湧水の里ウォーク
2018年日光杉並木マラソン
2018年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2018年おやま思川マラソン
2018久喜マラソン
2018年古河はなももマラソン
2018年深谷シティーマラソン
2018年結城市シルクカップロードレース
2018年勝田マラソン
2018年下野市天平マラソン
2017年はが路ふれあいマラソン
2017年加須こいのぼりマラソン
2017年大田原マラソン
2017年宇都宮マラソン(5キロ)
2017年矢板たかはらマラソン
2017年芳賀町梨の里マラソン
2017年茂木町ふれあいマラソン
2017年青木湖マラソン
2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2019佐渡トライアスロン
2019たかはらやまトライアスロン
2019野尻湖トライアスロン
2019潮来トライアスロン
2018九十九里(ミドル)
2018うつくしまトライアスロン
2018七ヶ浜トライアスロン
2018宮古島トライアスロン
2017東京湾アクアスロン
2017サンライズイワタ
2017うつくしまトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



野尻湖トライアスロン

最近増えてきたとはいえ、トライアスロンの大会は数が少なく、どうしても近場だと同じ大会の出場ばかりになってしまいます。たまには、オリンピックディスタンスでも遠出をして、出たことがない大会に出場したいと野尻湖トライアスロンに申し込みました。

野尻湖間では我家の宇都宮から高速を使えば4時間程度。初めて車で長野に行くので、朝7時に家を出て、善光寺を観光してから会場に行きました。2時過ぎに会場近くの湖畔の駐車場に車を止めてバイクで会場に行ったのですが、そこでは受付をしていなく(自分の確認不足)、場所を聞いて、すぐ近くの元小学校の体育館に行き、説明会と受付を行いました。
野尻湖トライアスロン1
詳しく説明を行うため、説明会は30分程掛かりました。

今回、会場近くの湖畔の旅館が取れたので、そこにチェックインをした後、1周15キロのバイクコースを試走しました。(コース説明は後述、写真はこの時取りました)。この後、翌日の準備をして夕食を取ると、既に眠く、9時には就寝しました。
翌日は、7時にトランジットオープンで8時20分開会式ですが、会場はバイクで10分も掛からないので6時に起きても十分間に合いました。旅館に車は置いたまま、必要な道具のみを背負ってバイクで7時過ぎに会場へ。いつものようにトランジットにセットして、後はスイムの道具を持って、どこかにレジャーシートを敷いて陣取ろうとしたのですが、会場は狭く適当なところがない。周りを見ていると、ほとんどの人が全ての荷物をトランジット内に置いていたので、私もそれに倣うことに。
野尻湖トライアスロン8この後全ての荷物をここに置きました。

8時30分に第1ウエブスタートで、20分までに試泳が出来るのですが、あまりゆっくりしている場所もないので今回は8時前にはスイムエリアに移動して、5分程度試泳。一度は心拍数を上げるように速めに泳いだりして調整を行いました。
野尻湖トライアスロン9泊まったホテル側からみた会場周辺

この朝は、結構風があり、思った以上に波があり結構泳ぎ難い。水は予想通り綺麗で透明度はあるのですが、この日は曇りで暗い分見通しは良くありませんでした。試泳を終えて、しばらく待つのですが、風が冷たくウエットを着ていてもだんだん体が冷えてくる。ちなみにこの日の気温は朝20度ぐらいで、昼間も27度程度だったと思います。20分から開会式の後、30分に第1ウェブがスタート。今回は第2ウェブまでなので、次に私達高齢者組が水に入り準備するのですが、やはり体が冷えきっていて、水に入ると寒くて震えるぐらい。速く、スタートにならないかと思いながら、5分後にスタート。今回は約260人がスタート、その半分づつのスタートなので結構人が多い。コースは沖に出ながら正三角形を書くように戻ってくる2周回のコース。幅広くスタートをしたものの進むうちにどんどん狭まって体がぶつかり合う。少しペースが乱れていることに気付いて、意識してペースを落としました。同じぐらいのペースの人を見つけて1分くらい後ろを泳ぐも、その人のペースが遅れてきたので向いて前に出ようとした瞬間。その人の手が私の横っ面に見事ヒット!。少し水も飲み、しかし直ぐ立ち泳ぎして落ち着きを取り戻しました。幸いゴーグルが外れることも無く、泳ぎ始め直ぐにペースも掴むことができました。その後しばらく順調に泳ぎでいきました。しかし、ある時ヘッドアップをして前を見ると自分の10m位先をみんなが横切って泳いでいる?。泳いで泳ぎに切り替え周りをよく見ると、自分の進行方向右5m位先にブイが・・!コースを見落として、違う方向に泳いでいて、危うくブイをショートカットするところでした。直ぐに方向転換してブイのところまで行き、その外を回ってコースに復帰。進行方向が変ったことで、受ける波も正面から横へと変化。そして少し泳いだところで、息苦しいことに気付いて平泳ぎして、一呼吸。焦らないように泳ぎ始めたのですが、直ぐに息苦しいくなってしまう。これまでも数度心拍数が上がって苦しくなったことはあるのですが、顔を上げ平泳ぎで一時をしのいだ後通常に戻れていました。しかし、今回少し休んで泳ぎ始めるも直ぐに苦しくなる。3回繰り返したところでかなり焦りました。焦ると、さらに心拍数が上がる。今回は初めてのリタイアか!平泳ぎをしている間は息苦しくないことを確認。いつもより長くそれを続け、呼吸を整えながら泳ぐことを意識して泳ぎは始めました。最初はやはり少し息苦しい。しかし、ゆっくりゆっくりと意識して呼吸して、何とか泳ぎ続けられるように。そして、いつの間にか普段の泳ぎ、ペースに戻すことができました。後で考えると、ブイを曲がる前コースを間違ったときに心拍数が上がり、高地のためいつもより基に戻るのに時間を要したのかもしれません。その後呼吸には問題が無かったのですが、2つ目のブイを曲がりスタート地点の折返しに向かう時もコースが掴めない。全体的に人はばらけていて、自分の位置に自信が持てない。そしてしばらく泳いでいると、すごい勢いで後ろから迫ってくる人の気配が!そしてすぐ横を通りすぎていく。接触しなかったのが幸い。その後も3人くらい直ぐ近くを凄いスピードで追い抜かれていきました。ということはコースは結構いいとこを泳いでいたか。順調に折返しか地点に戻り、一旦上陸。上がろうとして結構足元がふらつく。体が冷えて思うよに動かない感じ。折り返して2周目に入り、再度向かいから波が来る。なるべく人の後ろに付こうと試みるもやはり、ペースが合わなかったりで長くは続かない。このまま人の後に付いて行くことを試みたり、コースが不安になったりを繰り返し、あまり納得のいく泳ぎが出来ないまま、それで無事にスイムを終えることができました。トランジットに戻ると1/5のバイクは残っている感じ。第2ウェブであることを考えればまずますの感じか。(後でリザルトを見るとスイムで16人もリタイアしていました)

いつものように焦らず、そこそこ急いでバイクの準備。速くはなくも順調にバイクパートへ。走り始めると風を切って濡れた体が冷えてかなり寒い。しかし直ぐに上り坂に入り体は直ぐに暖まりました。バイクコースは野尻湖を周る1周15キロを3周。最初の坂が一番きつく、それでもアウターで何とか上り切ることは出来て、その後しばらくは軽いアップダウンカーブが続きます。
野尻湖トライアスロン5全体的にこんな感じ

野尻湖の周りを走りますが、ほとんどが木々に遮られて展望はありません。その代り日差しがあっても涼しく(この日は曇っていましたが)気持ちよく走れる感じ。
野尻湖トライアスロン2唯一野尻湖が展望できる箇所

5キロ付近で一気に下り、野尻湖湖畔へ出るのですが、500m位で直ぐに上りへ
野尻湖トライアスロン

登った後は再度、アップダウンとカーブが続きます。
野尻湖トライアスロン3   野尻湖トライアスロン4注意表示が所々にあります。

アップダウン、カーブが続くのですが、めちゃくちゃ急な坂もカーブもないので慣れてくれな、そこそこうまは走れそうな感じですが、1周目は慎重に走行。エイドを過ぎて少し行くとランの陸橋が見えてくる。
野尻湖トライアスロン6バイクはこの下を通過

この後は特に大きなカーブもなく、スピードを出しやすくなります。そして10キロ過ぎたあたりから舗装され直された道になり、一気に走り易くなりスピードも上がります。1周が終わり近くになった所で、道路幅1/3がランコースとなり、会場まではあと少し。応援も多くなり街中を通過して1周を終了。2周目に入ります。2周目では、途中にあるエイドでトイレに寄り2分程ロス。3周目になると、周回遅れで抜かされることもなく、またコースにも慣れてくるので、バイクの下手な私でもそこそこコーナーを攻めて走ることができました。結構3周目は楽しく走ることができてバイクパートは終了。トランジットに戻ると、流石にほとんどのバイクは戻っている感じ。エナジージェルで補給して、ランパートへ。

ランコースは最初はバイクコースを逆走する感じで進みます。すでに多くの選手が戻ってきていて、すぐ横を通り抜ける。若干の上りを5分/キロオーバーしないペースで走りました。2キロ程度で湖畔の遊歩道に入りしばし気持ちよく走れました。ここは少しペースアップして4.7分/キロ程度。しかし3キロぐらいから湖畔を離れ急坂へ。多くの人が歩いていましたが、ここは意地でも走りました。
坂を上り終えるとバイクコースと交差する陸橋へ。この陸橋は流石に走れず歩いて昇り降りしました。
野尻湖トライアスロン7

陸橋を渡ると、下り。嬉しいけど、復路は上りになるので・・・。下りで楽になる分ここはタイムを稼がねばとペースアップ。この辺から日差しが出てきて暑くなり、エイド毎にスポンジを取ることにしました。これまでの経験からスポンジを後頭部首筋にスポンジを挟み走ることに。これが功を奏したか、結構いい感じで走り続けおりかえし。今度はしばらく上り基調。それでも何とか頑張って、前の人がいるとその人を抜くことを意識してペースを維持していきました。ただ、アップダウンの変化が多いので途中からはタイムは見ないようしていました。何とか陸橋までたどり着き後は下り基調。ペースアップして、前に人がいればその人を抜くことを意識して走りました。湖畔も走り切り、バイクコースと共用道に出たあたりで、また前を走る人を発見、意識して追いつき追い抜くときにナンバーを見ると330番代。かなりの先輩と感心しながら走り抜けました。(後で確認すると77歳の方でした。すごい)その後、1人抜くと全く人の姿はなく、残り1キロは少しペースを落として、軽やかな感じでゴールすることにしました。前後に全く人がいなかったので落ち着いた感じでゴール。ランニングウォッチでタイムを確認すると56分台と最低の目標の55分にも届かず少し凹みました。しかし、今回は全体として楽しく走れた感じがあり、満足感がありました。
野尻湖トライアスロン10ゴール

走り終えた後、一息ついたところで、手作り感いっぱいのおにぎりとカップラーメンを頂き、荷物を回収して、バイクで旅館の駐車場に戻りました。旅館では、大会後に大浴場を使ってよいとのことだったので、そこで汗を流し着替えて帰路につきました。帰りに直ぐ近くの道の駅で家族へのお土産を購入すると、トライアスロン参加者へのサービスとしてリンゴジュースを頂き、少し幸せな気分になりました。

260人スタート 完走227人(33人DNF)
 総合      3:47:59  182位
     スイム 0:40:33 194位
     バイク 2:09:50  212位
     ラ ン  0:57:36   77位

後日大会実行委員会より、ゴールの写真が郵送されてきました。(ありがとうございます)
野尻湖トライアスロン
スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/984-ad4b219c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)