48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2017勝田マラソン

前回(4年前)と同様に途中まで車で行き、電車に乗り継ぎ勝田駅まで。勝田マラソンの会場に着いたのは9時前。簡単に会場を下見して、スタート40分前まではのんびりしました。

今回気温は高めの予想だったのですが、陽がかげると結構寒く、どのような恰好で走るか悩みましたが、短パン+ランシャツ+アームウォーマー+腹巻!としました。以前よりお腹が冷えることが気になっていたのですが、昨年のサンライズイワタトライアスロンでお腹を冷やして体調を崩したので、今回は試しに腹巻(登山用品モントベルのもの)を使用してみました。

2017勝田マラソン01大会会場  2017勝田マラソン02フードエリア

20分前くらいにスタートブロックに到着すると、既かなりの人が並んでいる。この時点での指定ブロック一番後ろに並んだのですが、その位置は前回と全く同じ位置でした。スタートまでのんびりした感じの大会アナウンスを聞きながら、邪魔にならないように軽くストレッチ等をして待つ。後方に居ると今一はっきりしない感じでスタート。ぞろぞろ進んで3分くらいで、スタートゲートを通過。
2017勝田マラソン03スタート位置  2017勝田マラソン04スタートゲートを通過

最初は2車線の比較的狭い道路を駅前まで走る。しかし今回、比較的スムーズに前が進み、5分30秒/キロペースでは楽に進むことができました。1キロも進むと駅前の大通りに出て、右折車線も含めれば、両側5車線はある広い道になります。これが5キロ地点過ぎまで続きます。
2017勝田マラソン04最初は会場近くの商店街を走る。2017勝田マラソン06駅前大通りへ

さて、今回の私の目標は、申し込み時点では3時間37~40分だったのですが、11月末の腰痛で、その後練習不足となり12月の末のはが路ふれあいマラソンでは4時間ペースでも最後は続けて走れなくなったため、今回は3時間55分程度としました。と、いうことは、5分30秒/キロ前後で走ればよく、ランイングウォッチをこまめに見ながら速度調整を行いました。で、大通りに出るとやはり皆ペースアップ。周りは予想以上に早く、みんなに抜かれるようにしないとペースオーバーしてしまう。気を付けるも、ついつい周りに流され速度アップ。しかしあまりペースを気にするのも疲れるので、2キロ当たりからは、極端に早くなければよしとして、走りやすいペースでしばらくは走ることにしました。
2017勝田マラソン07  2017勝田マラソン09応援も多いです。  2017勝田マラソン10

今回駅前の大通りを走っていて、細かなアップダウンが結構あることに気付きました。フルのコースは、最後この駅前のコースを戻るのですが、4年前脚が動かず、泣きたい気持ちで最後走ったことが思い出しました。
2017勝田マラソン11   2017勝田マラソン12  2017勝田マラソン13ここで右折。

5キロを過ぎたところで駅前大通りとは別れ、少し狭い道を走った後、国道245の直線コースを約9キロ走ります。前回、国道245号へ大きく左折して入った後直後にあった1つ目の給水所で、その存在に気付くのが遅れ、給水ミスをしたのですが、今回はこれも無事クリア。しかしカップを取った後人の少ない右側に寄り、給水後空のカップをゴミ箱を捨てるのに左に寄るのに人が多くかなり手間取りました。そのためか結構路上に投げ捨てられたコップが多く少し走り難い。
2017勝田マラソン16しばらく続く直線 2017勝田マラソン15コース付近で干し芋作り

この後の直線コースは結構長く感じました。あまり風景の変化もなく、この部分だけは応援の数もかなり少なくなります。(国道のバイパス区間?という感じで民家が少ないです)道幅は広く舗装も良いので、その分走りに徹しやすいのですが、私の目標に対してペースが速すぎるのを感じで、ここで改めて5分30秒/キロになるように極力注意しました。すると面白いように多くの人に抜かされていきました。(笑)また、さほど強くはありませんでいたが、北風があり、これが少し負担となりました。
2017勝田マラソン1714キロ付近でもこの集団  2017勝田マラソン18

15キロ付近で原子力科学館があり、そこのトイレが解放されていたので、ここなら比較的数が多くて早く用を足せるかもと期待して、早めにトイレに行くことに。この判断は、結果的には良く(トイレ数は少なかったですが、人が少なく2分弱のロス)レース復帰できました。トイレを出てしばらく走ると左折して西方向へ、そして結構建物も多いエリアへ。するとこれまでの北風がなくなりかなり楽になった感じ。それでもペースを守り走ることに。
2017勝田マラソン19左折して人家も応援も増えます。 2017勝田マラソン20

2017勝田マラソン2117キロ付近で既に豚汁が

19キロ付近で再度左折して南方向に走り始めたころから、脚に結構余裕があることを結構確信をもって感じることができました。この辺からアップダウンもあり変化が富んでくるのですが、自分の感覚を信じて少しペースアップすることにしました。
2017勝田マラソン23     2017勝田マラソン22
中間地点は、最初の予定に近いタイムで通過。

2017勝田マラソン24      2017勝田マラソン25   2017勝田マラソン26

25キロ付近で陸橋を渡り、市街地に入っていくころには、調子が段々上がっていく。自然に脚が前にでる巡行モードに入った感じ。ただこの巡行モードを保つには姿勢を保つ必要があり、自然写真を撮る回数も減っていきました。(2回目なので最初からあまり撮ってませんが)

2017勝田マラソン27各所に私設エイドが  2017勝田マラソン28

街中に入っていくとエイドがかなり増えてくる。この頃は結構日も出ていて暑くなり頻繁に給水が欲しくなるので助かりました。エイドにはいろんなものが置いてましたが、今回調子も良くあまり速度を落としたくなかったため、給水以外は何も取らず走りました。
2017勝田マラソン29このエイドにはかなり色々あるみたいですが、今回もスルーしました。

マラソンを始めた当初は、途中のエネルギー補給を考えて、飴、干し梅、ブトウ糖をウエストバッグに入れ走っていたのですが、ここ最近はなくても大丈夫と何も準備せずに走っていました。(エイドにも飴はあるし、実際ほとんど補給していない)しかし、エネルギー補給を見直し、今回はブドウ糖タブレットを準備。25キロ以降5~3キロ毎にこれを補給しながら走りました。この補給も効いたのか5分15秒前後のペースで安定して走り、37キロ付近の駅前の大通りに戻れました。
2017勝田マラソン3030キロ付近  2017勝田マラソン31駅前大通りに戻る。

前回は泣きたい思いで走ったこの道を、今回は快調に走ることができました。中間地点以降私自身は、ほぼイーブンペースなのですが、かなりの人がここでペースダウンしていて、面白いように前の人を抜いていくことができました。調度、10キロ付近でペースを抑えた時に抜かれた分を取り戻す感じ。
2017勝田マラソン32
最後36-41キロは再度大通りをRUN。ここを1日封鎖するなんてすごいと思う。

最後の5キロも順調に!と言いたいところでしたが、やはりこの辺からは少し苦しくなってくる。それでもペースは最後まで落ちることなくゴールすることができました。
2017勝田マラソン33大通りを左折して会場へ  2017勝田マラソン35ゴール

ゴール後にドリンク、バナナ、Tシャツをもらい、記録書を受け取り、そのまま預けていた荷物を回収して、陣取っていた場所に戻りました。ここまでもまたスムーズで大会関係者の尽力に感心します。早々に着替えをして、出店に行き、カレーとチャイ(スパイスの入ったミルクティー)を購入して頂き、お腹も落ち着いたところで帰路に着きました。

2017勝田マラソン37疲れた体に暖かいチャイが美味しかった。

 2017勝田マラソン38荷物は指定範囲に自分で置いて、自分でピックアップ。結構効率が良い

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/661-a24a9d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)