48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



潮来トライアスロン

潮来までは、我家(宇都宮市東端)から高速を使えば2時間弱。で、4時過ぎに家を出て、指定駐車場には6時頃到着。バイクを組立、荷物持って受付会場に行ったのですが、まだ受付が始まっていなくて(私が受付時間を間違って覚えていた)、6時半まで河原で待ちその間スイムのコース等を確認しました。受付でナンバリングシールを貰い、その場で張り付け(3回目なので結構慣れてきました)、その後トランジットの準備をして7時ごろには全てを完了しました。トランジットや受付は国土交通省霞ヶ浦河川事務所。改めて考えると、お堅い国土交通省がよく協力してくれたものだと思います。(協力ありがとうございます)。
潮来トライアスロン2       潮来トライアスロン1
大会会場                  今回こんな風にセット

時間まで河原で待ち、開会式のあと試泳のためスタート位置の桟橋に向かう。アンクルバンドを受け取り、眼鏡を置く所を聞くと特に設けて無いとのことで、急いでトランジットに戻り靴の上に眼鏡を置く。さて、大勢の人が乗り半分沈んだ桟橋から川に入ると、水は思った通り冷たい。それでも泳ぐには支障のないと思ったのですが、いざ泳ぎ始めると心拍数が上がっているのか、直ぐに息苦しくなる。なるべく水温に慣れておこうと、意識的にウエットスーツ内に水を入れる。視界は予想以上悪く前の人の足すら見えない感じ。結局あまり水温になれることも無く5分程度で試泳を終了。全員一度上がったのちに競技を開始。スタートは3つに分かれ、スプリントが最初にスタートしたのち、オリンピックの40歳未満、最後に40歳以上が5分置きにスタート。で、私は40歳未満がスタート後、フローティングでスタートを待ちことに。「頑張るぞー」の掛け声の後おじさんたちがスタート。
潮来トライアスロン5この桟橋から向う側へ泳ぐ

コースは狭くはないと思うのですが、やはり最初はぶつかり合う。そしてなぜか私の左からぶつかってくる人が数人。自分が左に曲がっている?と思いヘッドアップを何回もしましたが、自分は真直ぐ泳いでいることが確認でき、原因は???。そんなこともあり最初はかなりヘッドアップをして泳ぎいつものペースが掴みにくい。またやはり水温が低いためか、呼吸も少し苦しめ(焦るほどではありませんでしたが)。コースは最初川下から川上に泳ぐ、縦に長い三角形で、折返しで少し川を横に泳ぐ感じ。そこを2周回。海に比較的近いので川の流れはほとんど感じることはありませんでした。最初に曲がる前あたりからペースが掴めるようになりました。その後しばらくは調子よく泳げたのですが、復路半分あたりから、第2ウエブの先頭集団に追いつかれ再度混雑。ヘッドアップだけではなく、息継ぎの時後方も確認してなるべく、生きのよい選手とのバトル真似いなことを避けようとしました。しかし間が悪くスピードが落ちてきた人が私の斜め前に入り、うまく避けられず後ろから抜きにきた選手とぶつかり、頭をかなり強く叩かれる羽目に。(相手にすれば普通に泳ぐために腕を回していただけですが)幸いゴーグルが外れるようなことはなく、その後はうまく接触を避け2周目の折返し地点へ。ここからはいつものように泳ぎ、うまくコースも確認しながら実力に見合った(遅いですが)泳ぎができました。最後はいつもプールから上がるような形(水中から腕で上半身を持ちあげ膝をついて立ち上げる)で桟橋に上がろうとしたのですが、今一つ力が出なくて、結局トドのように体全体を桟橋まで引きずり上げ、その後ようやく立つことが出来ました。どうも思った以上に冷たい水に体力を奪われたようです。その影響は、トランジットでウエットスーツを脱ぐときにも表れ、下手に脚に力を入れると脚が攣りそうになり、トランジットに結構時間を要してしまいました。何とか準備を済ませてバイクパートへ。いつものことですがこの時点でほとんどのバイクは出払っていました。乗車位置に着くと、トップ集団が対向して戻ってくる(わずかな距離のみでしたが)から注意して言われ、あまりの差に愕然。まー、私の相手ではない(笑)ので、気にはせず、注意だけしてバイクをスタート。
潮来トライアスロン4土手の左側がバイクコース。土手上はランコース

バイクコースは最初は川沿いを東へ走ります。川沿いと言っても土手があるため川は全く見えず。走り始めて直ぐに風がそこそこあることに気付きました。強いという程ではないですが、最後までそこそこの東風が吹いていました。事前に見た案内のコース図の限りでは、あまり曲がる箇所は少なく、バイクが下手くそな私には向いてると思ったのですが、結構その通りでした。最初かなりの直線コースの後土手を上る感じで左折。するとここからは視野が広がる川沿いのサイクリングコースで(たぶん)、かなり気持ち良い。途中両脇に綺麗な黄色い花も咲きレース中でなければ写真を撮っておきたいほど。そこを降りて、今度は元の方行に戻る感じで、暫くは田畑の中を走行。周回の3/4あたりからは今度は幹線道路?に出てそこを走る。交差点では、自動車の往来を警察やスタッフが誘導していて、なんとも頭が下がる思い。(ありがとうございます)。自分の車を停めた指定駐車場付近まで来て、左折してスタート付近に戻り、2周目へ。ここを3周するのですが、1周終えて感じたのは、コースがフラットでバイクが下手な私には走り易い。2周目はコースが把握できたので、曲がる箇所以外はほとんどDHバーを握っていました。しかし周回コースであるため、時々周回遅れで抜かれる相手には邪魔せぬように注意が必要で、特にコーナーでは結構気を使いました。3周目に入ると、今度は抜かれる心配もないので、結構気持ち良く走れ、目的の平均30キロ/Hrには届きませんでしたが、29キロ/Hrは達成できて、自分としてはそこそこの結果が出せました。

ランへのトランジットは無難にこなし、ランをスタート。ランコースは往復5キロの土手コースを2周回。土手を上がる時に水を貰い給水。で走り初めて1キロも行かないうちに再度給水エリアがあり、暑いので念のために思ったのですが、運悪く混雑していて水の入ったコップがなくなっていた。ここは時間短縮のためスルーしたのですが、折返して同地点に戻ってくるまで給水がなく、後で後悔。走って2キロも行かないうちに靴の紐が緩み、仕方なく端に寄り靴ひもを結ぶ。再度走り始めるが兎も角暑い!。走っている内に暑さが段々きつくなってくる。きついのは私だけではないのは確かで、(大して速くは無いですが)本職のランでは、前の人を次々抜いていくことができました。しかしコースは狭く、往復の2人の間に抜き去る1人が入るのがやっとでした。暑くて朦朧としそうながら折返し給水所を目指す。4キロ当たりでようやく給水所があり、1カップの水を頭に掛け、1カップを飲み走る。これで少し楽になるもまた直ぐに暑さとの戦い。ゴール近くで折り返すと、次は1キロ程先の給水所を目ざす。今度は2カップ頭に水を掛け、1カップ水を飲み走り続ける。ここまで47分/10キロで走れている。兎も角RUNは全力で結果を出すと自分に言い聞かせて、最後まで全力で頑張ることに。折返して最後の2.5キロはかなり意識も朦朧に、最後の給水前では、下手すれば棄権!?とも思いましたが、何とか無事にゴール。
潮来トライアスロン3ヘロヘロでゴール

ヘロヘロになって荷物を置いた木陰に戻りそこへ倒れこむ。改めてランニングウォッチを見るとトランジットを出て48分を経過。なので、実質のRUNタイムは目標が達成できたかも。その後しばらく休憩して、体を整え、バイク等を回収して、荷物を自分の車に詰め込みました。その後、指定駐車場のショッピングセンターで昼食を取り、折角なので近くで開催されているあやめ祭りを観て帰路に着きました。
潮来トライアスロン6アヤメ祭り

翌日、ホームページに記載されたリザルトを確認すると、
  総合  2時間54分42秒(214位/完走293)
  スイム    38分57秒(スイム258位)
  バイク 1時間25分12秒(バイク253位)
  ラン     50分33秒(ラン  125位)
(確認はしていませんが、トランジットタイムはスイムとランに入っている感じ)

初めて3時間を切れましたが、順位はいつもより悪い感じ。特にランはあれだけ頑張ってほぼ真ん中付近!と、一寸ショック。これからももっと頑張らなければと・・・(←直ぐに忘れる(苦笑))
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/574-7f140501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)