48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2015年 はが路ふれあいマラソン

会場の井頭公園までは、普段は車で15分程度で行けます。昨年は、渋滞を考慮してスタート2時間前に家を出ましたが、渋滞は全くなし。で今年は1時間半前に家を出たら、さすがに今回は会場前でちょっとした渋滞。それでも50分前には会場広場には着くことができました。

2015はが路ふれあいマラソン1開会式は終わっていた  はが路ふれあいマラソン107エイドが判るコースマップ

昨年は雨上がりでぬかるんでいた広場も今年は問題なく、レジャーシートを広げ準備。まずは靴を履き替え軽くジョギング。周りを見て気付いたのは、今回は仮装の人がかなり多い。なぜかサンタが大勢いる。ジバニャンも私が見ただけでも他に2人いました。私と同じように考えている人が多いのか? 20分前にジバニャンに着替えて準備。10分前にスタート位置へ。今回は仮装で走り、主なエイドの完食目的ですが、それでも取りあえず4時間以内では走りたかったので、4時間以内の枠の最後尾付近に並びました。
2015はが路ふれあいマラソン2スタート位置

天気は、まさにマラソン日和。快晴で風はほとんどなし。気温は低めで、最高でも10℃には届かない予報でした。しかし、被り物をしている私には、気温が低い方が良かった。ちなみに私のジバニャンの服装は、頭は市販の被り物。赤のランニングシャツをベースにそこに黄色いタオルで腹巻を作り、後はフェルトで尾っぽなどを付け、走りやすくまとめました。当初は、短パンも赤でジバニャン風にする予定でしたが、シャツが仕上がった時点で、シャツの下に足を付けた方がバランス良いことに気付き、そのようにしました。
はが路ふれあいマラソン027   はが路ふれあいマラソン106こんな感じ(写真も嫁に撮ってもらった)

そしていよいよスタート。花火の上がる中ぞろぞろとスタート。コースは昨年と全く同じで、最初は道幅が狭いのでしばらくは、我慢の走りです。500m程走ると広い道に出て、一気に走りやすくなります。昨年は3時間40分を目標に走り、ハイペースになりましたが、今年は上り坂の始まる益子町過ぎまでは、5.5分/キロペースで走ることに。
2015はが路ふれあいマラソン3最初は狭い道  2015はが路ふれあいマラソン4曲がったところで広くなります。


沿道には昨年と同様最初から応援が多い。ジバニャンの服装で走っていると、やはり子供の声援が多い。なるべく声援に応えるように、子供が多くいる方を意識しながら走りました。そして走っていても、仮装している人が多い気がしました。
2015はが路ふれあいマラソン5     2015はが路ふれあいマラソン6
2015はが路ふれあいマラソン7     2015はが路ふれあいマラソン8
---- スーパーサイヤ人とは最後の方でも並走しました。

5キロ当たりで最初の給水所。昨年は最初の給水所としては範囲が狭く混み合ったことをブログに書いたのですが、今回は広くなり改善されていて、ゴミ箱も同じく後方まで置かれるようになり、紙コップをしっかりゴミ箱に入れることができました。
2015はが路ふれあいマラソン9      2015はが路ふれあいマラソン10
2015はが路ふれあいマラソン11      2015はが路ふれあいマラソン12
---- 真岡線の踏切を渡り、益子の街中へ

益子の街中に近づくと応援は一段と大きくなり、ジバニャンもそれに応えるのに忙しくなりました。(笑)それにしても、ジバニャン人気はかなりのものです。(私の人気ではない(笑))
2015はが路ふれあいマラソン13    2015はが路ふれあいマラソン101

益子を過ぎると、景色は里山の風景に、ここから坂が始まります。このあたりからトイレに行きたくなり、エイドで5、6人ならんでいましたが、今回はタイム狙いでないため我慢せず用を足しました。
2015はが路ふれあいマラソン15  2015はが路ふれあいマラソン16こういうエイドもほほえましい。

2015はが路ふれあいマラソン17至る所で応援

コースはしばらくは上り基調。人家も少なくなりますが、それでもあちこちで心温まる応援があり頭が下がります。子供からはジバニャンコールまで頂きました。(ありがとう!)
2015はが路ふれあいマラソン102      2015はが路ふれあいマラソン18
---- この辺からいよいよ 、まずはリンゴ、梨、苺を頂きました

2015はが路ふれあいマラソン20     2015はが路ふれあいマラソン21    2015はが路ふれあいマラソン22
            --- 多くの私設エイドに頭が下がります(ありがとうございます)

さらに進んで茂木に向かう最後の急な上り坂。昨年はここで車の大渋滞が起きていたのですが、今年はこれも改善されて、渋滞は全くありませんでした。
2015はが路ふれあいマラソン23曲がって急坂   2015はが路ふれあいマラソン24標識を見ると傾斜10度!

急坂を一気に下り茂木の街中方面へ。下りの苦手な私は、やはりここでかなりの人に抜かれます。(笑)
2015はが路ふれあいマラソン25苦手の下り(泣)   2015はが路ふれあいマラソン26エイド前の標識(笑)

で、茂木のエイドへ。ここでは色々なものがあるのですが、昨年は給水のみで通りすぎてしまった。なので、今年はじっくり品定めして、給食。昨年、柚子のスープがあるようなことを他のプログで見たのですが(記憶は曖昧です)、今回はなく、代りに味噌汁を頂きました。調度、トイレが空いていたので、念のため用を足して再び走り始めました。
2015はが路ふれあいマラソン103茂木のエイド  2015はが路ふれあいマラソン28味噌汁美味しく頂きました。

そして少し行って、中間地点。タイムが2時間2分と予定より7分遅れていました。2回のトイレと坂道でペースを落としすぎたのが要因だと思うのですが、後半の色々食べることを考えると、4時間以内はきつそう。ただ前半抑えたぶん脚には余裕があり、この後少し上った後は暫くは下り基調なので、5~5.5分にペースアップして暫くは走ることに。
2015はが路ふれあいマラソン29     2015はが路ふれあいマラソン30市貝町に向かって

茂木から市貝町までは真岡線沿いを走ります。ここをSLが走っていて、4時間ペースで走れば、SLを見られるはずなのですが、私の計算違いか、なかなかSLが来ない。もう少しで線路沿いのコースが終るところでぎりぎりSLが来て、テンションが上がりました。(ランナーの踏切停止を避けるため当日の時刻表を変更して!!、それに伴いSLも約30分遅くなっていたことが、後日判りました。)
DSCF6180_20151220214255503.jpg

市貝の街中に入り、ここからエイドの給食が頻繁に豊富になってきます。
DSCF6183.jpgこの先で梨ゼリーを頂きました。

そして30キロ付近の坂へ(←城見坂といいます。By元住民)。長い坂ではないですが、この地点での坂は結構堪えます。坂を上り切ったところで、ゲストの赤羽さん(地元芳賀町出身)が控えていて、みんなとハイタッチ。(10キロ付近でもハイタッチして、移動して再度ハイタッチ)
DSCF6190.jpg城見坂 DSCF6191.jpg坂を上ったところが関門

30キロを過ぎたあたりから結構脚に疲れを感じましたが、まー、問題なく最後まで走れそう。
DSCF6193.jpg右は酒蔵。総誉はお勧めです。(By酒飲み)

昨年33キロ付近のエイドにいろいろ置いたのは判ったのですがスルーしてしまい、今年はしっかりチェック。コーンスープがあったので美味しく頂きました。(乾アンズを食べ忘れた)。
2015はが路ふれあいマラソン36     2015はが路ふれあいマラソン104コーンスープ美味しく頂きました。

脚が少しずつ重くなるのを感じつつ35キロ付近のエイド、水餃子を目指します(笑)。
2015はが路ふれあいマラソン38   2015はが路ふれあいマラソン39   2015はが路ふれあいマラソン40
--- 水餃子の前では、苺を頂きました。(苺、梨はいろんな所で頂きました)

昨年はガチで走っていたので、水餃子は写真のみでスルーしたのですが、今年は食べることを目的に!  エイドに着くとまず目についたのは、お汁粉!、さらにその隣に味噌汁、そして水餃子。この辺はエイドが頻繁にあるのと、サブ4ペースだとさすがに食事する人が少なく、脚を止める人は少ない。まずはお汁粉を頂きました。小さな御餅も入って居て、暖かさも直ぐに食べられるぐらいにあまり熱くなっていない。(各エイドの暖かいもの全て同じような感じでした)疲れた体に甘いものは良いです。味噌汁はパスして、次に水餃子。スープに餃子が一つ入っていて、柚子も入って美味しかったです。「ごちそうさま」を言って、再び走り出す。食べている間にかなりの人に抜かれましたが、脚は疲れてはいるものの、結構調子よく動き、前の人を抜いていくことができました。
2015はが路ふれあいマラソン41お汁粉2015はが路ふれあいマラソン42水餃子2015はが路ふれあいマラソン43ごちそうさま。

36キロ付近で国道123号を横切り、農道?に入ったあたりから視界が一気に広がる感じがあり、改めて天気の良さを感じました。
2015はが路ふれあいマラソン44   2015はが路ふれあいマラソン45国道を横断2015はが路ふれあいマラソン46快晴!!!

快調に走り、昨年あった蕎麦のエイドに目指しました。しかし、そこに着くも蕎麦はなし?。さすがにエイドに蕎麦は無理?となくなったのかと思ったら、38キロ付近にありました。ここでは結構脚を止め食べている人が多かった。私もしっかり頂き走り始める。しかし、さすがに、餅入りお汁粉、水餃子、蕎麦と食べた後、5.5分/キロペースで走っているとお腹がもたれてくる感じ(←自己責任です)。この後、脚ではなく、お腹と相談しながら走ることに(笑)
2015はが路ふれあいマラソン105     2015はが路ふれあいマラソン48昨年I続き美味しく頂きました。

そして40キロ過ぎの最後の難所の上って下って上り。上り切ってところで、隣のランナーが沿道にいたスタッフに「もう坂は無い?」と聞いていましたが、気持ちはよく判ります。
2015はが路ふれあいマラソン47最後の坂  2015はが路ふれあいマラソン48上り切ればあと少し

その後は開けた平坦の道を約1キロ進みます。そして会場に近づくに連れ応援の人も増え、ジバニャンもそれに応えるのに忙しくなります。(笑)   最後のゴール会場では子供たちの太鼓でお迎え。ほぼ予定通りの3時間58分でゴール。
2015はが路ふれあいマラソン49会場手前  2015はが路ふれあいマラソン50ゴール

今回も家族が応援に来ていたので、ゴール後合流して着替えた後、みんなで豚汁頂き帰路に着きました。
2015はが路ふれあいマラソン51   2015はが路ふれあいマラソン46最後に豚汁を頂きました。

この大会は、昨年高評価を得ていましたが、今年はさらに評価が高くなるのは間違いないと思います。一番心配なのが、人気が出過ぎてエントリーが難しくなりそうなことです。

大会関係者の方々、応援してくれた方々 ありがとうございました。

2014年 はが路ふれあいマラソン大会 ← ここをクリック




スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/527-17aeefff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)