48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



九十九里トライアスロン

先週の九十九里トライアスロンの報告です。

我家(宇都宮)から会場までは、高速を使っても3時間掛かり、5時に家を出て予定通り8時に到着。駐車場は、比較的スタート位置に近いですが、受付はそこから2キロ先。バイクを組立てそれに乗り、受付、競技説明を受けに行く。それが終了したのは既に9時半。駐車場に戻り、今度は約1キロ離れたトランジットに行ってセッティング。
九十九里トライアスロン-1説明会  九十九里トライアスロントランジット

さらに歩いて駐車場に戻り、スイムの道具を持って約0.5キロ先のメイン会場へ。そこで着替えをして、荷物を預け、スタート位置に着いたときは11時の第1ウェブのスタート間際でした。もっとも私は第9ウェブなので、スタートまでまだ40分以上ありました。この大会は、昨年より始まった大会ですが、日本最大の規模で参加者は約2000人。きっちりした感じで、かなりイベント的な大会との印象を受けました。天気は朝方雨が降りましたが、予報通り曇りで気温も25度程度で調度良い。
九十九里トライアスロン-3スイムのコース   九十九里トライアスロン-4スタート位置は人だかり

スイムスタートは11ウェブに分かれ、基本年齢順で5分置き進みます。第8ウェブがスタートして、ようやく入水。10時45分まで試泳できたのですが、間に合わず。(できても1時間近く待つのはどうかな?)入水して軽く泳いでスタートをフローティングで待ちます。水温は体感的に思ったより低く、透明度は他のブログで見た通りほとんど無し。スイムのコースは、河口付近の川で、最初に上流に進み、折返す往復のコース。川幅は以外に狭く100m程度(正確なところは不明)。さらに端の方は浅く足が付き、貝殻で足を切る危険があるため中央部の半分程度がコースとなっていて結構狭い。いよいよスタート。今回は前後の真ん中で最外を泳ぐ予定。でちょっと遅れて外に向けて泳ぎ出す。予想通り最初は混みあり、結構腕が当たり合う。ここは耐えながら、慌てないように呼吸が乱れないように、自分のベースで泳ぐことを心がける。3,4分程度泳いでも結構混み合っている感じ。リタイヤした人を運ぶためか、時々水上バイクが通り、そのたびに波立つ。ここはうまく波を意識して、避けたり、波の反対方向で息づきしたりうまくクリアできました。10分くらい泳いでようやく空いてきた感じ。ヘッドアップして空いていることを確認して、暫くは快調にスイム。しかし折返し付近から、前のウェブの遅いグーループに追いつき、また後のウェブの速いグループに追いつかれ、再び混んできた。速い人と遅い人が入り乱れ、一時はスタート時よりも激しく腕がぶつかり合う。この辺からヘッドアップをすると、空いてるところと混雑しているところがはっきり判るようになり、頻繁にヘッドアップをしてコース取りをするようにしました。なぜか、中央部のコースロープ付近が空いていることが多く、順調にそこをスイム。復路は向かいの潮の流れがあるとのことでしたが、それもあまり感じることなく最後まで順当にスイム。スイムから上がり、かなり離れた(500m程度?)トランジットまで軽く走る。水温が低かったためか、泳いでいる途中から尿意を感じ、トランジットにあったトイレを目指しました(笑)。到着すると、幸い誰も入ってなくスムーズに事を終し、出るときには4,5人が並んでいました。
九十九里トライアスロン-2橋を渡りトランジットへ

トランジットも順調に終え(といってもマイペースですが)バイクパートへ。バイクはスタートして直ぐに九十九里自動車道路へ。コースはここを閉鎖して、10キロ当たりで90度曲がるだけでそれ以外ほぼ直線のコース20キロを1往復。テクニックのない私には向いたコース。DHバーを握り、平均30キロ以上で順調に走ることができました。後ろから3番目のウェブで、また周回コースでないので後ろから抜かされることも少なく、いつもより気楽に走ることができました。(これで気が緩んで、事故につながったと思う)多少のアップダウンがある程度で路面も良いく結構順調に走り、今回はかなりの人を抜いていけた。この調子ならバイクも順位で半分以上に行けそうに感じました。折返しは大きくスピードダウンして、通過。折返してからもさほど変化はなく(よく覚えてないですが風もあまりなかったような気がします)快調に進む。折返して少し行ったところで、後ろから集団が近づいてくる気配がして、スピードを少し落とし左に大きくより、先に行ってもらうことにしたのですが、ほぼ道一杯に分散した?10人以上の集団が通過!一列に並ぶドラフティングとは違いますが、どうなんだろう?・・・ 見えなくなるまで、そのままの感じで進んでいきました。

その後変化もなく、「今回は楽だなー」などと思って走っていた気がします。(以降、記憶が定かでないですが)コーナーて前でボランティアの方が「急カーブ。スピードダウン」と注意していたような。特に慌てた記憶もないのですが、ブレーキをかけたところ後輪が横滑りする感じでコントロールを失いました。スピードが出ていたためか立て直すことができない。パニック状態になり、そのままコーナーに突っ込んだ??(練習の時に一度同じように落車したことがあるのですが、その時はとっさに、スライディンするような感じで意識的にコケて、コーナーへの衝突は避けられましたが)  その瞬間から立ち上がった後までの記憶が完全にないのですが(記憶がないことは、レース後改めて落車の状況を分析しようとして気付いた)   記憶がはっきりしているのは、立ち上がった後、自分で身体チェックをしているところから、右半身を強く打ち付けた感じで、右側の太もも。くろぶし、肘、肩、小指、薬指を擦りむいて、特に肘がひどい。しかし、幸い骨折などはなく、手足は普通に動く。頭も打っていない。※ここが非常に反省するところで、実は頭を打って、その時の記憶が飛んでいた。翌日にヘルメットの大きな傷を発見して、始めて気付いた。(その時気付いていたら、たぶん棄権したと思うし、そうするべきと思います)今後、落車時はヘルメットの点検も行おうと思います。(まずは落車しないことが第一ですが)身体チェックしながらも、大きく動揺しているのが自分でもわかる。ボランティアの人に水を飲むことを進められ、言われるまま水を飲み少し落ち着くのを待つ。少し落ち着き、この後どうするか考える。体は競技を続けられそう。バイクも残りあと少し(約10キロ)でコースは簡単。ボランティア(審判?)にレースに復帰して良いか尋ねると、屈伸したり、指のサインに対して答える少し簡単なテストを行い復帰を許され、レースに復帰することに。

残り10キロは兎も角安全運転。少しスピードを落としトランジットに向かいます。何気に前輪を見ると前輪が少し歪んでいる感じ、落車で曲がったかも?(後で点検すると明らかに歪んでました)。もともと簡単なコースなので、その後問題もなく順調にバイクを終了。

次はラン。靴の履き替えも順調にこなして、走り始めたのですが、なぜか直ぐに靴の紐がほどけて、結び直すことに。走るとやはり右腿が痛い。とはいっても違和感がある程度でそこは無理のない範囲で頑張ることに。ランコースは海沿いに最初は南下して、折返し北に戻るコース。道幅は広くはないですが、さすがに人がばらけているので、狭く感じることはない。ほぼフラットでアップダウンはなし。そんなコースでも、スイム、バイクで低く感じた気温がRUNでは結構暑い。2キロ置き程度に給水があるのですが、必ず給水を取りました。47分台のペースで走っていると結構苦しくなり、ペースを落としたくなる。しかし、本職のマラソンは全力で頑張ることにしているので、自分を叱咤して頑張りました。折返してからは向かい風になり、たまに前の人を風よけにしたりして、それでも順調に前の人を抜いて走れました。最後の方のコースは波打ち際で、気を付けないと本当に波が掛かるほど。その分、海が近く気持ち良い。結局、脚を痛めながらも、RUNは自分の実力の範囲で全力で走り切りゴール。
九十九里トライアスロン-6

ゴール後、完走メダルを掛けてもらいました。(フルマラソン大会も含め、新規大会はこれが多い感じがする)一息着いたところで、改めて落車時の傷の確認をすると、肘のすり傷が砂まみれであまりよろしくない。水道で洗おうとしたのですが、近くに水道はなく、救護室のようなところに行き、簡単に傷の手当をしてもらいました。その後イベントのエリアへ。後ろから3番目のウェーブで、落車でかなり遅くなったため、ほとんどの人は既にゴールしており、会場はかなり混雑した感じ。参加者は、弁当等の食べ物1つとビールも含め好みのドリンク3つ、それと蛤をもらい会場にある炭火で焼いて食べることができる。私も弁当とビールをもらい、遅い昼食。

九十九里トライアスロン-5              九十九里トライアスロン-7
(ビールは家に帰った後頂きました。)    でも、ビールが飲みたかった!!!

ゆっくり楽しみたい気もありますが、一人参加でもあり早々に引き揚げ、その後、疲れた体で車を運転して、帰宅しました。


男子総合 929位(完走1367人) 
   
   総合タイム 3:11:32(男子総合 929位[完走1367人])
   スイム   0:35:02( 673位)
   バイク   1:49:00(1259位)
   ラン     0:47:32( 338位)

九十九里トライアスロン-8完走メダル

スポンサーサイト


コメント

お疲れ様でした。

ランのタイムが目茶苦茶早いですね。
ケガした状態で、最終種目で、平均時速12㎞を越えているんですよね。さすがフルマラソンを軽くこなす体です。

バイクはお気を付けください。
ダウンヒルバーで気持ちよく走っていると、なぜか眠くなってしまうんですよね。
[2015/10/04 20:56] URL | あおやま #- [ 編集 ]

RUNもそんなに速いわけではないですが、一応本職といううことで、これだけはガンバっています。スイムも自分的としては得意分野で、速くは泳げないですが、ある程度余裕を持って泳げます。問題はバイクで、運動神経のない私には、やはり一番の難題です。(事故は私の注意不足として反省しています。)
[2015/10/04 22:19] URL | <トマ> #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/500-204df3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)