48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



うつくしまトライアスロン

先日うつくしまトライアスロンに参加してきました。会場が猪苗代湖の湖水浴場で、キャンプ場も直ぐ近くなので、今回は前日より家族で行くことにしました。折角なので、土曜の午前中に出発して、会津城にも寄り観光。
うつくしまトライアスロン-1

午後3時前に、天神浜キャンプ場に着き、予約していたバンガローに荷物を降ろし、大会会場へ、前日受付をしに行きました。思っていたより、キャンプ場と大会会場が離れていて、車で移動。するとかなりの人が来ていて、車を停めるところが見つからないくらい。受付を行い、バイクチャックを受け、トランジットにバイクをセット。しかし今にも雨が降りそうで、周りはバイクにシートを掛けている。私はそんな準備をしていなかったので、そのまま野ざらしの状態。(後で気付いたのですが、シートは言えば借りられたかも? 詳細は不明)何だかんだ結構、時間が掛かり、ビギナーの講習会があったのですが、出るのを忘れてしまった。
うつくしまトライアスロン-4

私が、そんなことをしている間、子供たちは、本来なら湖水浴のはずだったのですが、この日は天気が今一つで、それ以上に風が強くて水に入る気温ではない。それでもかなりの遠浅なので、水着には着替えずに膝ぐらいのところまで入って遊んでいた。湖面は結構波立ち、明日スイムは少し大変そうな予感。結局、この日はこの後簡単に食事をして、早々に就寝しました。(参加賞で入っていた、地元の酒「花春」も少し頂きました)
うつくしまトライアスロン-2     うつくしまトライアスロン-3

心配していた通り、夜中より雨が降りだし、朝になっても止まない。幸いさほどの強い雨ではなかったですが・・・。大会当日、朝5時半には起き出し、6時頃、外で朝食をしていると、すでに結構会場に向かう車が多い。私も、7時前にラン用品を預けたり、健康状態のチェックシートを出すために会場へ。準備を完了して、バンガローに戻り、開会式を待つことに。というのは、スイムスタート位置で開会式が行われ、その位置は受付より500m以上先の私のいるキャンプ場近くにためで、のんびりしていたのですが、いざスイムスタート位置に行き、眼鏡を預けようとすると、眼鏡はスイムゴールの位置(500m以上離れたトランジット近く)に預けないといけないとこと。(考えれば判りそうなことでしたが(苦笑))。時間もなく、砂浜を往復1キロ走りました。で、無事アンクルバンドも貰い、開会式。小雨の中、みんなで準備体操のエアロビクス。途中、トラブルで音楽が停止するも、リピーターが多いのか、みんなの協力で最後まで楽しく?行いました。
うつくしまトライアスロン-5

その後、試泳して、スタートを待ちます。今回のスタートは、若い人から3グループに分かれ、私は最終のグループ。第1グループから4分遅れでスタート。コースは、猪苗代湖の湖畔(ようやく足が付くか着かないかの深さのところ)を、湖畔に沿い約500mのコースを、1.5往復。(ここの詳細は後述)。昨日とは異なり風がないので、心配した波はありませんでした。第2グループが行った後、いよいよスタート位置に。今回は前回の榛名湖の結果をもとに、なるべく外側で、但し前後は中間位置にしました。
うつくしまトライアスロン-6

スタート直後は、やはり混み合い、ここは我慢。そのうち落ち着くだろうと思っていたのですが、5分以上たっても、状況はあまり変わらない。今回のコースは、湖底が浅いためか、透明度も悪いままで、前の人の足しか見えない。ヘッドアップしても、人の群れで、よく方向が判らない。ここはしばらく我慢で、パニックにならないようにだけ心がけ泳ぐことに。なんとか冷静に泳ごうとするのですが、どうも泳ぐがコースがはっきりしない。真直ぐ泳いでいるつもりが、結構斜めに他の人とぶつかる。榛名湖の時は最初から余裕を持った泳ぎができたのですが、あまり自分の泳ぎができないまま、最初の折返しへ。後で考えると、
 ①榛名湖の時は透明度が高く、水中で皆の泳ぐ方向が確認できたが、今回は水が濁っていてそれが、できなかった。
 ②コースは、湖畔に対し正確には並行ではなく、斜めになっていたため、湖畔を見ていると、曲がって泳いでいるような錯覚を起こす。
 ③(たぶん同じ理由で)曲がって泳いでいる人がいた。
など理由で、自信を持てなかったのだと思う。兎も角、まだまだ修行が足りません。折返してからは、人がばらけたこともあり、少し落ち着きいつものようなスイムができました。しかし相変わらず泳ぐ方向に自信を持てないまま、2度目の折返し。この後、私の前にほぼ同じスピードの人が表われ、その人の足を追いかけるように残り半分くらいまでは、快調スイム。このまま最後まで行きたかったのですが、なぜか右斜めから人が入ってきて、軽いバトル状態。ここは無理せず、譲っている間に前に人はいなくなり、追いかけるの届かず、あきらめて残りは一人旅。最後にブイを90度曲がりゴールへ。しかしゴールまで結構離れていて、遠浅の湖をできるだけ泳ぐ。最後の頃は水草が顔に当たるくらい。そこで諦め歩きことに。定かでないですが、たぶん100m位は歩いたような。砂浜に上がり、トランジットまで走る。
うつくしまトライアスロン-7      うつくしまトライアスロン-8

トランジットのバイクはあまり残っていなく、やはり今回はかなりスイムで遅れた感じ。着替えも無難に終え、スイム道具を袋に詰め込む。最後に忘れものないか確認して、バイクをラックから外して乗車エリアへ。このとき雨は一時止んでいました。バイクコースは、最初農道を走り、たぶん距離を稼ぐため、曲がることが多い。しかし周回コースではないため、後ろから追い越されることがほとんどないので、カーブが下手くそな私ですが、後ろをあまり気にせず走れました。何度も曲がりながら、踏切へ。ここでは1度下車して、押して踏切を渡り再乗車。この後は、曲がるところはほとんどなくなり、一気に会津若松をめざす感じ。カーブの下手くそな私としては、いい感じでペダルを踏み、安心してDHバーも握れました。今回は珍しく抜かれるより、抜かすほうが多い感じで、バイクパートでも半分位の順位に位置できるかと競技中は思っていました。(結果は後述:苦笑)途中、小雨が降り、結構濡れましたが、景色も良く気持ち良い。大した上り坂もなく、全体的に下りが多くて楽な感じ。ラン会場の会津大学に近づくにつれ、また曲がりが多くなるも最後まで、順調にバイクを終えることができました。トランジットではまず、バイクをラックに掛け、ラン用品の入ったバッグを取って、準備するのですが、バッグの位置が直ぐに見つからず少し焦り30秒ぐらいロス。(バッグの位置を事前に頭に入れておくべきだった)。靴を履き替え、バイクの荷物を袋に詰め込みランへ。
うつくしまトライアスロン-9

今回、ランニングウォッチを預けること忘れていたため、ランのスピードは感で走ることに。ランに入ったころは雨も完全に上がり、薄日が差す程度でしたが、それでも結構蒸し暑い。最初は会津大学のグラウンドを走り、その後は大学の外周り、内回りを走るコース。こじんまりしたコースなので、応援も多い。給水も頻繁にあり、今回も暑いのでスポンジを取り頭に水を掛けながら走る。とはいえ、これまでの炎天下のランと比べると、曇っている分遥かに楽で、5分弱/キロのペースを意識して走りました。走り始めたときから、トイレに行きたかったのを我慢していたのですが、辛くなってきて、5キロも行かない位置であきらめ、エイド近くにあったトイレへ。生憎先客が居て、1分以上のロス。しかし、その後は楽になり快調にラン。快調と言っても、ランは本職であるので、ほぼ全力?(10キロマラソンのペース)で走るので息も上がり、苦しくなる。その分、面白いように前の人を抜いていけました。(各パートの現時点での私の方針は、スイム:省エネ完泳、バイク:安全第一、ラン:無理のない全力 です。家族も、車で会場に駆けつけて応援しているので、少しはかっこよいところを見せないとと、家族のいるところだけは苦しさを隠してラン(笑)。
うつくしまトライアスロン-12        うつくしまトライアスロン-10

結局、順調に2週をして、フィニッシュ。タイムを見ると3時間を切っていましたが、基調下り坂のバイクコースを考えると「参考タイム」かも。ゴールでは、下の娘が写真を撮ってくれて、合流。ゴール後のサービスとしてある「ガリガリ君」を子供たちも貰い、大喜び(笑)。その後、スイカと桃も美味しく頂き、落ち着いたところで帰路に着きました。
うつくしまトライアスロン-11

大会関係者の方々、ありがとうございました。


大会、3日後に完走書が送られてきたのですが、結果はかなり予想外でした。
うつくしまトライアスロン

総 合 : 2:53:44 (338位:完走496人)
スイム: 0:38:33 (333位)   →順位は、もう少し悪いと思っていた
バイク: 1:26:29 (416位)   →順位は、もっと良いと思っていた
ラ ン : 0:48:42 (188位)    →トイレがなければ47分台で、十分の結果。

今後の課題は、スイム:透明度の低いオープンウォータースイムでの方向性確認。
          バイク:全体的なスピードアップ。
          トランジットに時間短縮
と、行ったところです。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/485-11d0f225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)