48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



榛名湖リゾートトライアスロン

先週の榛名湖リゾートトライアスロンの報告です。

榛名リゾートトライアスロンでは、前日に説明会やバイクチェック等を受けないといけないため、土曜日の10時過ぎに宇都宮を出て会場に向かいました。高崎までは高速で無難に行き、榛名に近づき坂を上って行くと、途中からかなり道が狭い。対向車がいたら通れない所もあり、早めに行って正解でした。しかし、今日また降りて、明日また往復することを考えると、ちょっと嫌になります。(ホテルは高崎市内にしました)榛名湖半の会場に着いたのは、受付開始の13時前でしたが、既に受付を行っており、受付、バイクチェックを受け、一回目の説明会に参加しました。やはり先週トライアスロンのスイムで2件の死亡事故があったので、その点と注意と、基本的な説明を約20分受け終了。全て手際よく順調に進みました。
その後は折角なので榛名山に登って上から湖畔のコースを見ることに。で、脚で登るかも考えたのですが、時間の節約と明日の体力温存でロープウエーに。しかし登ってみても、榛名湖側はあまり眺望できず、見えるのは主に高崎の街並み。周囲の山も見えて悪くはないのですが、目的は果たせなかった。
マラソン0725-1

山を下りて今度は、ロードバイクで明日のコースを走ることに。コースの詳しい状況は後術として。湖畔はやはり景色が良く気持ちが良い。練習にならないようなスピードで1周して終了。その後、高崎に戻り、今回楽しみにしていたシャンゴのシャンゴ風スパゲティー(高崎の有名店)を食べ、9時過ぎには就寝しました。
榛名湖リゾートトライアスロン3

翌日は3時半頃に目が覚めたのですが、さすがに早く、寝れないままベッドで4時過ぎまでいて、前日買っていたおにぎりを2つ食べて5時にはホテルを出発。道もすいていて、6時前には会場に到着も、まだ受付も始まっていない。6時半になるのを待って、受付、ナンバリング、トランジットのセットを行いました。
榛名湖リゾートトライアスロン6トランジット榛名湖リゾートトライアスロン5今回はこんな風にセット

今回のナンバリングは手の甲に!なぜ? アンクルバンドがあるので計測にはナンバリング自体あまり意味がない気もしますが、腕にナンバリングされると、初心者の私は、トライアスリートになった気がして?嬉しいのですが(私だけ??)
榛名湖リゾートトライアスロン7

なんだかんだしたり、休憩したりで入水チェックの時間を待ち、開始早々に入水チェック。今回の大会の最大の課題は、初のオープンウォーターの完泳。そのため、入念に準備運動(水泳)。水は思ったほど冷たくない。新調したウェットスーツもいい感じ。水は濁っているけど、先週の海水浴場と変わらない程度。波は無いので十分泳げそう。そこそこ自信が付いたところで、上がって開会式を待つ。開会式でお決まりの市長の挨拶などあり、その後いよいよスイムのスタート。
榛名湖リゾートトライアスロン8スイムのスタート位置

スタートはウェブ式で、50歳以上男子、および女子が最初にスタート。つまり私も第1ウェーブ。ゆっくり泳ぐのに、後ろから生きの良い若い選手に、どつかれないか心配(そのようなことはありませんでした)。フローティングスタートですが、私は人の少ないコースの外側を泳ぐつもりで岸近くなので、なんとか足が付く。緊張の中いよいよスタート。コースの外側といっての私と同じような人がいっぱいいるので、けして空いてはいない。しかしまた腕がぶつかり合う程混んでもいない。兎も角最初は、落ち着いて、自分のペースで行くことだけに集中する。2、3分泳ぐと水深も少し深くなり、踏み荒らされた場所から離れるので、水が透明になり周囲も良く見えるようになる。湖底の水草や時々小魚が見える。コースロープ近くには人がやはり多く、その辺の人はやはりスピードも速い。かなり落ち着いてきて、自分の泳ぎをチェックすると、脚がツービートになっていないことに気付き修正しようとするのですが、ウェットスーツの浮力のせいか、ツービートでは足が水面に上がってうまく水を蹴れない。何度も修正しようとしたのですが、うまく行かず諦めました。結局、脚で蹴らなくても体が浮くので、腕だけで泳ぐことに。それでも結構普段以上にスピードが出ている感じ!ヘッドアップスイムも織り交ぜコースを確認しながら順調にスイム。榛名湖のスイムコースは375mの直線コースを時計回りに2往復。折返し辺りは水深も結構深い感じで湖底も見えなくなる。光が差してその筋が見える・・・、と観察していたら、真下に少し離れた所に40センチくらいの鯉のような魚が!別に害を加えるわけでもなんでもないのですが、予想外のことにちょっと動揺。こんな時は平泳ぎで、ちょっと休憩。(練習の通り)。直ぐに落ち着き、そして折返し。折返し前あたりからは、完全に他の人から離れた感じで(消して大きく外れていた訳ではないですが)、完全にいつものペースで泳げました。そしてその後順調に進み、コースの真ん中あたりにきたとき、前に伸ばした指先に何か刺さる痛みが。慌てて、立ち泳ぎして確認すると、20センチほどの鮒のような魚が浮いていて、たぶんそこの背びれに指が当たったよう。抽選会には当たらないのに、こんなものには当たるとは(笑)。それでもこれもいい経験と開き直り、泳ぎ続けました。(海だともっと大変そう?)。スタート位置に戻り2周目へ。ここまで、普段の練習より楽な感じ。(普段は25mプールをターン時、顔を上げず、脚で壁を強くは蹴らずして、1.5キロを一定ペースで泳いでいます。ターンがないこと、ウェットスーツの浮力で楽になり、また皆で泳いでいること、景色があることで楽しめる)。2周目も順調で、折返し。この辺から、肩が擦れている感じが。ウェットスーツで擦れることがあると本に書いてあったのでそれかも?(後で今後の対応考えよう)。それでも残り少しなので、大して気にせず泳ぎ続け、順調にゴール。ほぼ、予定通りの現在の力に見合ったスイムができました。

スイムを終え、桟橋に上がり、預けていた眼鏡を取り、走りながら眼鏡をかけると、名前を書いたポストイットが張ったままで(天然ボケ!)、それで少し慌てていたら、給水が取れずに走り過ぎてしまった。(まー、バイクのボトルの水を飲めばいいか!)
トランジットに入ると、まだバイクが半分は残っていていい感じ。(第1ウェブでのこともあるが)。いつものように急がず慌てず確実に着替えをこなし(今回少しのんびりしすぎたかも)バイクパートへ。まずは1キロ弱の直線を走り、約8キロの周回コースへ。周回コースは榛名山と榛名湖を大回りするコースで、周回コースに出て直ぐに、榛名湖と反対側の榛名山麓通る一番の上り坂へ。
榛名湖リゾートトライアスロン1ここが一番の上り坂(前日撮影)

そしてこの坂を上ると左折して、榛名湖が側に向けて下り坂に、多少のアップダウンもあり、緩いカーブあり。私でもそこそこのスピードで榛名湖に向かいます。榛名湖に出てからは緩いアップダウンがある程度で、本来なら私のような未熟なサイクリスタにはタイムが稼ぎやすいところだと思うのですが、道が結構狭い上、ランナーと併用のため、今一つスピードが出せず、またブレーキのないDHバーはあまり握れませんでした。特に榛名湖周回の後半はかなり狭く、ランナーが増えてくると正直危険を感じます。榛名湖畔の大会会場入り口を抜けると、道は広くなり、ここからしばらくはDHバーが安心して握れました。そしてしばらく行くと周回の最初の地点へ。そして再び上り。ギヤは、前側は切りかえないでも登れる程度でしたが、やはり息は上がってくる。2周目に入るとバイクの数も増え、上り坂では(だけは)、前の人を結構抜いていける。しかし、左折して下りに入ると、それ以上の人に抜かされていく(苦笑)。まー、ここは安全第一で無理をしないことに。
マラソン0725-2
榛名湖畔は当然景色が綺麗です。(前日撮影)

順調?に(マイペースで?)3週目に入り坂を上る時、少し楽をしよう?と、前側のギアを軽いほうへチェンジしようとしたのですが、うまく切り替わらず、やり直して何とかチェンジ。しかし、下し坂に入り、ギアを基に戻そうとしても、ギアチェンジできずそのまましばらく走ることに、下りが終りスピードが落ちたところで、何度もギヤチェンジをし直して、要約重いほうに戻すことができた。考えてみると、ここ1か月は、急な坂を上ったことはなく、前側のギアチェンジを行っていなかった。完全な整備ミス!以降、前側のギアチェンジは行わず、それでも無事バイクパートを終了。

トランジットに戻るとかなりの自転車が既にラックに掛かっていて、そこそこいい感じで走ってつもりだったので、少しショック。(リザルトを見てもバイクは結構悪かった)そしていよいよ本業のRUN。後は平坦な榛名湖畔を走るだけと思っていたら・・・・。トランジットを出て、給水して、脚を慣らしながら進んでいくと、なんと目の前に、急坂が!思わず「聞いてないよ!」とつぶやいた(笑)。湖畔だから多少のアップダウンはあっても基本平坦と勝手に思い込んでいた。よく考えてみたば、榛名山がせまっているので、そこの部分は山道で当然。それにしても、走り始めて直ぐの急坂は、かなりきつい。かなり苦しくなりながら、坂を上って行く。周りも同じで、歩いている人は半数以上。距離としては200~300m位だと思うのですが、ようやくの思いで上りきり下りへ。RUNでも相変わらず下りは苦手で、結構な人に抜かされる。試しに、脚のブレーキを緩め走ってみたが、やはり止まれそうにない感じになってきたので、直ぐにスピードダウン。下り坂が終わるころには息も整いいつものRUNへ。5分/キロペースで走りたいところでしたが、やはり日差しが暑く今一つスピードがでない。「日陰が所々ある分、去年のたかはら山トライアスロンよりは楽!」と、自分に言い聞かせ(笑)がんばって走る。横を走るバイクの数はかなり少なく、自分が結構遅れていたことを再認識。その分RUNの時には危険を感じませんでしたが。榛名湖半周あたりでエイドがあり、スポンジで頭から水を掛け冷やし、また給水。湖畔を走っちると、大会会場が見えるのですが、そこ(まずは半周)までが結構遠く感じる。
榛名湖リゾートトライアスロン2向かって榛名山右側が大会会場

暑いせいか、直ぐに喉が渇き、水が欲しくなる。しかし結局、会場のエイドまで給水はなく、ひたすら我慢。ようやく半周が終りエイドへ。柄杓で頭から水をかけてもらい、幾分楽に。給水して走り出せば、再びあの急坂が。坂の中ごろあたりでかなり苦しくなり歩きたくなる衝動が。しかしここで「自分はランナーだ」と、自分を励ましなんとか耐えました。何とか上り切り再び下り。しかしこの辺から、腰が結構痛くなってきた。バイクの終盤から、少し違和感があったのですが、ここでは走りに影響が出るくらいの痛さに。どうも原因はトライアスロンのシャツのよう?。表示サイズは体に合っているはずですが、全体的に締め付けられる感じで、どうもそれが腰に変な影響を与えている感じ。ちなみにランイングタイツを昔買ったの出すが、これも締め付ける感じが自分には合わず、結局2~3回しか使用しませんでした。トライアスロンのシャツは大会での着用は今回が初めて。腰の部分をめくれば楽に走れそうだったのですが、さすがにそれは50歳過ぎのおじさんがやるにはみっともないのでやめました。なんとか痛みを忘れて?走り続けたのですが、最後のエイド前から徐々に腰の痛みが効いてきてスピードもダウン。腰に手を添え何とか走り続ける。暑さもかなり効いてきている。このときの気持ちは兎も角早くゴールして楽になりたい。最後、ゴール前の直線にきたとき、やっと最後の元気を取り戻し、ホームを立て直してなんとか気持ちよくRUN。ゴールにタイム表示があり見ると3時間9分台。まずまずの結果と納得してゴール。

ゴール後アンクルバンドを外してもらい(ありがとうございます)、完走メダルを首に掛けてもらう。そしてエイドでまた頭から水を掛けてもらう。今回は結構派手にかけてくれ、かなりびしょびしょ。それで一時的にはかなり涼しくなる。ベンチに座り少し休憩した後、着替えをして落ち着いたところで、食事をすることに。この大会は結構出店が出ていて、まずは定番?のカレーを食べ、さらに少ししてサンドウィッチ&ハーブティーを頂きました。
榛名湖リゾートトライアスロン10    榛名湖リゾートトライアスロン9結構おいしかった。これで500円はお得。

かなり落ち着いたところで、閉会式が始めり、最後は抽選会。当然あたりもせず、早々に引き揚げてきました。
榛名湖リゾートトライアスロン11

※大会関係者の皆様 ありがとうございました。

で翌日、ホームページに記載されたリザルトを確認すると
   総合男子 3:09:13 順位199位(完走者377人)   年代別  50代男子 27位
   スイム  33:16(217位)
  バイク 1:38:19(298位)
   ラン    57:38(134位)

感じた通り、スイムの結果は良好(目標通り)、バイクはまだまだ、本職のランはタイム的にはNG、55分は切かったですが、順位はそれれなりかなといった感じです。
榛名湖リゾートトライアスロン12ホームページから印刷した完走書と完走メダル

次は猪苗代に向けてがんばっていきます。




スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/473-e9b40371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)