48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



桐生掘マラソン

桐生市の大会会場までは、高速を使って約1時間半。実は申込時もっと近いと思っていましたが、高速のインターから結構離れていました。6時前に家を出て7時20分頃、会場から少し離れた商業高校の駐車場(←指定は無かったが、確実に止められそうであったので)に到着。会場までは以外と近く歩いて10分程度。受付を済ませ、会場内の公民館で座ってしばらくパンフレットを見ていました。そして気付いたのが、この大会の特徴。参加者約1万人!の内、ファミリーマラソンが約3千人、高校生以下が約3千人と全体の6割が子供とその親。会場でも目を引くのは、学生の部活ごとの集団。ちなみにこの大会は61回目!。思うに、この大会は本来地元の幼稚園から高校までの大マラソン大会。そこに昨今のマラソンブームで一般参加者が加わってきた感じ。会場の雰囲気もイベントというより、まさに体育祭。
桐生掘マラソン0

8時に公民館を出て、グランドの端にレシャーシートを敷き、会場を散策。着替えをしてスタート15分前(スタートはなんと8時55分。やはり地元向けの大会?)にスタート位置へ。61回目もの大会だから?目標タイム別の並びなど当然整っていると思いきや全くなし。それでも特に問題もなくすんなり並んで、そしてスタート。ハーフの参加者は約1400人。男女別以外は年齢のクラス分けなし!。コースもまた特徴的で、会場を東に約0.5キロ程走ったら、後はひたすら北へ。北方には山があるため緩い上り基調、そして折返し、来た道を再びひたすら戻る。ちなみの10キロマラソンや5キロマラソンも同じコースで、折返し地点が異なるだけ。
桐生掘マラソン3スタート位置  桐生掘マラソン4最初は我慢

さて、スタートして最初の東に向かう道幅は狭く混雑。直ぐに大通りに出ることは判っていたので、ここは我慢。そして左折して大通りに出ると、道は一気に広がります。会場は駅近くの街中で、最初はその街中を走ります。
桐生掘マラソン1最初は街中を  桐生掘マラソン5JR両毛線の高架を通過

道が広がったので走りやすくなったのですが、なぜか今一スピードが上がらない。この辺りなら(たぶん?)勾配は大したことないと思うのですが、4分50秒/キロ程度までしかスピードが上がらない。どうしようかと思いましたが、結局往路は5分00秒/キロを超えなければよし、と かなり甘い設定に変更。どんどん進むにつれ、街中を離れてくる。
桐生掘マラソン6    桐生掘マラソン7

結構ペースが掴めた来た5キロ前あたりで、なぜが靴の紐がほどけて、一時停止!タイムロスより、ペースが乱れたことが残念。
桐生掘マラソン8早くも先頭の折返し  桐生掘マラソン9折返し近くは道が狭くなる。

北に進むにつれ、山が近づいてくる。そして折返し近くでは道はかなり狭くなり、山麓を走っている感じ(実際に走っている?)。結構、結構気持ちよいです。そして折返し。
桐生掘マラソン10    桐生掘マラソン2折返し  桐生掘マラソン11

以降は、下り基調なので一気に楽に。しかしそれでも4分20秒/キロ以上には上がらず、30~40秒当たりでタイムを刻む。天気予報では昼前後から雨が降りそうだったのですが、何とかもっているのですが、思ったよりも気温が上がらず、結構手が冷たくなってきた。
桐生掘マラソン12

そして残り5キロでは、10キロ走の折返しが重なるため、一気に混雑。しかもペースが皆遅い。自分がとても速くなったような錯覚に陥る。正直とても走りずらく、ペースもダウン。
桐生掘マラソン13 10キロと合流    桐生掘マラソン14

桐生掘マラソン15
-- ここの酒屋の看板がとても素敵で印象的だった ----

それでも何とか走りつづけ、会場近くでメイン通りを右折。すると道幅が一気に狭くなり、混雑はさらにひどくなる。ここではもう、自分のペースで走るのをあきらめ、流れに身を任せる感じ。ゴール直前で再び道が広がり、最後は自分のペースでゴール。
桐生掘マラソン17メインを曲がると狭い道   桐生掘マラソン18ゴール

しかし、ゴール後も混雑。チップを外して水をもらい、記録証を貰おうと急ぎましたが、案の定混雑。10分くらい並んでもあまり前に進まず、後20分は掛かりそう!。体も冷えてきたので、半ば記録証を貰うのを諦めて列を離れて着替えました。
今回9時前スタートなので、帰り支度ができるのが11時頃と予想していたので(記録証以外は予定通り)、駐車場近くで足利・桐生近辺のご当地グルメのであるソースかつ丼を食べる予定であったので、まずはそれを食べに会場を離れました。調度、かつ丼の店は開店直後で並ぶことなく席に着き名物のソースかつ丼を頂きました。(美味しかったです。)
桐生掘マラソン19藤屋食堂のソースかつ丼 結構有名みたいです。

その後駐車場に戻り荷物を置いて再び会場へ。かなり片付けが進んでいたので心配でしたが、記録証は無事もらえることができました。(私の同じような感じの人かかなりいました。)再び駐車場に戻るころには、ソースかつ丼店は結構の行列。今回の判断はGOODだったかも。車に乗ってからしばらくして雨が降りだしました。なんだかんで、結構上手く切り抜けた大会でした
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/418-1e93951d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)