48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



たかはらやまトライアスロン

大会当日、朝5時15分に家を出て、会場に6時過ぎに着。やはり早朝だと幾分早い。一番近い駐車場も半分も埋まっていない状態。受付も始まっていないので、まずは日陰になるような場所でレジャーシートを広げようとしたのですが、あまりそのような場所がなくて断念。日向覚悟で芝生にシートを広げ、保冷バックのみ日陰に置きました。6時半より受付が始まり、早めに受付、トランジットの準備を行い、後はゆっくり待つことに。
たかはらやまトライアスロン-3 左がトランジットエリア たかはらやまトライアスロン-2今回はこんな風にセット

7時45分ごろ、周りを見るとウェットスーツを持ってプールに向かう人が・・。去年初めてトライアスロン(スプリント)をしたとき、競技開始時に初めてプールに入って、結果(理由は不明だが)泳ぎ始めて直ぐ苦しくなり、続けて泳げなくなった経験から、今回は事前にプールに入り、ウェットスーツの位置を調整?して、また体を水にならすことに。プールに入ると、思ったほど水も冷たくはない。スーツを意識して上の方に引き上げないと結構胸が締め付けられるので、そこを今回は入念に調整。100m程泳いで上がると、直ぐに開会式が始まり、それも手短に終わり、競技開始。

水泳は申請したタイムでA、Bの2つのグループに分かれ、私は当然遅いグループ(余裕を持って40分で申請)。最初に早いグループがスタート。2人ずつ、5秒毎のウェブスタートで、見ていると水泳教室の練習の様。トップ選手はやはり早い。私が全力で50mだけ泳いでも追いつけない(笑)。Aグループが終わるまでプールサイドで待つのですが、暑い。日差しは強く、日陰部分も徐々になくなり、しばらくは我慢。Bグループの招集がかかりゼッケン順に並ぶ、Bグループは151番からで私は210番、最後は270番くらいで調度真中あたり、まだAグループが少し残っているところからスタート。
たかはらやまトライアスロン-5水泳が行われたプール

2人ずつ進んで行って、いよいよ私の番へ。水泳は50mプールを6つのコースに分け、端から順に泳ぎ隣のコースに移って、3往復300m。端まで行ったら一度プールを上がりまた最初の位置へ、これを5セットする。で、1セット目は準備運動の感覚でゆっくりと呼吸を乱さないように泳ぐことに。6コースの内、通常の1コースをそのままの箇所と、2コースを1コースとしている広い箇所がある。狭い箇所ではやはり混雑して、無理な泳ぎをしている訳でもないのに隣の人の腕が私の横顔を直撃。危うくゴーグルが外れそうに。しかしなぜかこのときは「これもいい経験」と冷静でいられました。

2セット目に入り、今度は1セット目の人も混じり混雑が増します。しかしかなり水泳になれ?、2セット目は結構攻めの泳ぎをしてみました。いざとなれば、立つことも出来るし、50m泳げばいやでも一度は立つことになるので、そこは余裕でした。結構バトルに近いこともしてみましたが、結局は50mで次のレーンに移るときに相殺されるところがあり、タイム的にはあまり意味がなかったような(笑)。いかに50mターンをうまくこなすかで差がでるような気がします。結局水泳は、この後も争ってみたり、のんびり行ったりで、結構余裕を持って終了。タイムもウェットスーツの浮力のおかげで思ったよりかなり良かったです。
たかはらやまトライアスロン-6トランジットへ続く道

プールを上がりトランジットエリアへ、ウェットスーツを脱ぐのも今回は練習をしてきたので、さほど手古摺ることもなくクリア。急がず慌てず無事完了して、バイクへ。最初、運動公園の坂をいきなり下り、スピードが付いたところで段差があり、少しハンドルを取られましたが持ちこたえ、後は基本上り基調。まずは息が乱れない程度にペースを掴んで行きました。が、思ったよりスピードが出ない。たぶん上りのせい?。天気が良く景色も綺麗。蓮の花や向日葵もあり、それを見ながら快調に進みます。2キロ過ぎあたりから本格的な上りへ。この辺から結構、前の人を抜いていきました。体重が軽い分上りは有利です。最後の上りは急で長く、流石に大汗。それでも何とか上りきり、ダム湖沿いに快調に走り折返し。折返しでコップで左から水を渡してくれましたが、怖くて手を離せなかった(苦笑:右手なら受け取れますが)。
トライアスロン0502-5最後のきつい坂  トライアスロン0502-7 (←この2枚は5月に撮ったもの)

そして、問題の下り。今回の最大の難関。兎も角、無理に突っ込んでこけないこと。後ろから来る人の邪魔にならないことを意識して進んで行きました。最も危ない箇所はシケインがあり、みんなスピードを落とすようになっているのですが、そこを通過するには、私はさらにスピードを落とさなければ。幸い1周目はその辺で後ろから誰も来なかったので無事クリア。その後私もそこそこのスピードで走っていったのですが、後ろから次から次へと抜かされて行きました。基本、上りで抜いて、下りで抜かされ、トータルでは抜かされる方が多かった。(技術的に未熟です) 戻って運動場に入るには今度は上り坂。ここも結構きつい。折返して2周目。ほぼ1目と同じ感じで、ダムの上まで行き、再度折返し。今回は左手で何とかコップを受け取り給水。しかし、自転車に乗ってコップで水の飲むのは難しかった。そしてまた下り坂。今回はシケイン手前で後ろから速い人が来て、少し邪魔をしてしまった。(ごめんなさい)。バイクの最後の方は、次のRUNを意識して、呼吸を整えるくらいの感じで、あまりスピード出さずに行きました。天気は相変わらずピーカン!。運動場の最後の坂を上りバイクを終了。
たかはらやまトライアスロン-4運動公園入り口

RUNへのトランジットも慌てず急がずで無事終了。そして、いよいよRUN。時間は11時くらい!日も高く、兎も角暑い。RUNコースは行きは下り基調、戻り上り基調の2周回。走って判ったのですが、日陰がほとんどない。しかも運動公園近くの坂は結構きつい。最初はその坂を下っていくのですが、戻ってくる先行の選手は誰もが辛そう!というか、歩いている人が結構多い。スピードも全体的にかなり遅い。2キロくらいまでは5分/キロペースで走り、この辺から暑さで辛くなってきた。エイドで給水とスポンジを貰い首筋を冷やす。2.5キロで折返しエイドに戻った時にはかんり暑くなり、他は濡れないよう頭に水をかけてもらう。そこから先は兎も角暑く、どの程度のペースで走ったのかもはっきり覚えていない。熱中症でダウンしないことだけを心がけ、体と相談しながら走って行きました。幸い脚は前に出て極端にスピードが落ちることはありませんでした。4キロあたりのエイドでまた頭に水をかけてもらったのですが、左半身にもかなり水が掛かってしまった。しかしこの後、左側は体が楽に!。右もかけてもらえば良かった!。

ここから折返しまでは結構急な坂を上り運動公園へ。上っている途中で応援を貰うも答える余裕がない。折返して、2週目、先ほどのエイド(往復共に利用可)で今度は頭と左右上半身に水をかけてもらうと、幾分楽に。それから先は、エイド毎に水をかけて貰い、次のエイドを目標に走っていきました。最初は靴が濡れないようにしていましたが、だんだんどうでもよくなり、最後はびしょびしょ。最後運動公園の坂を上りきり、ゴールまで僅か!。しかし、苦しい顔でゴールするのが少しいやで、そこからもペースを落としたまま呼吸を整え、そしてゴール。ゴールにタイム表示があったのですが、自分のスタート時間が不明なので自分のタイムは判らず。
たかはらやまトライアスロン-1ゴール

ゴール後、水とタオルを貰い、日陰の席に移動。かなり体が熱くなっているのが自分でも判り、あらかじめ用意していた保冷剤で、首筋、頭、脚と冷やしていきました。結構落ち着いたところで、プールがクールダウン用に開放されているとのアナウンスがあったので、そちらに移動して体全体を冷やしました。プールから上がり、着替えて落ち着くことができました。

この大会では、食事券と飲み物件が配布され、これでカレーライスとビールORソフトドリンクが貰え、私も頂くことに。泳いで走った後のビールは最高!といきたいのを我慢して、ここはキリンフリー。正直、あまり味は期待していなかったのですが、カレーがとても美味しかった。しっかりと肉と野菜煮込んだ感じで、これだけで大会関係者の熱意を感じることができました。胡瓜の一本漬けももちろん美味しく、一気に疲れが回復する感じでした。
たかはらやまトライアスロン-7

また、ボランティアの方々も同じように食事が提供され、選手とは別ですが景品の当たる抽選もあり、何ともアットホームな感じでした。食事も終え、バイク等の片付けを行い、少しして抽選。いつものように籤運はなく、最後の最後リザルトが張り出され、それを確認して帰路に着きました。
たかはらやまトライアスロン-8
張り出されたリザルト

総合  3:13:43(144位)エントリー273名
スイム   35:06(175位)
バイク 1:42:17(183位)
ラン    56:20( 79位)
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/351-6c783df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)