48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



茂庭っ湖マラソン(再編集)

当日朝?4時に起きて、朝食を取り4時半に出発。5時過ぎに高速に乗り、7時前に飯坂温泉に到着しました。受付は大会会場でなく、飯坂温泉街中のパルセ飯坂で行い、そこで会場の駐車券も貰えたのでそのまま車で大会会場へ。会場である茂庭の広瀬公園までは20分程。開会式までも1時間半もあったので車でしばらく仮眠。8時半に荷物を持って会場の広場へ

茂庭っ湖マラソン-1大会会場

この大会の参加者はフル740人、10キロ206人、ウォーキング100人と小ぢんまりとしたもので、またこれが適正人数と思える大会です。開会式もなんとなく和やかで、スタートまでもまったりした感じでした。(人によっては違ったかも知れませんが)天気予報では曇りでしたが、幸い曇り時々晴れ(半々)くらいの感じで、これは良いのですが、風が強く全く予想していませんでした。半袖に短パンしか用意していなかったため(そもそも風が強いときの服装って考えてもいなく持っていない)周りを見ると同じような服装の人もそこそこいるのでそのまま走ることにしました。

スタート前のトイレの混雑も無く、10分前にスタート位置に。今回のコースを簡単に説明すると、(といっても結構複雑)
map大会コースのマップ
まず会場は茂庭っ湖という北西に細長い湖の南側ダム下の公園になり、そこをスタートにまず茂庭地区の街中を通って5キロ南下ます。折り返して、会場に戻り、そこを通過して今度はダム東側に向けて登ります。登った後は茂庭っ湖の東側を北西に進み、スタートから19キロ地点で折り返し、ダムのところまで戻り、ダムを西側に折り返し、再度茂庭っ湖東側を往復してダム西側に戻り、会場に戻りゴールします。

茂庭っ湖マラソン-3スタート位置

スタート合図で、一斉にスタート。(やはりこの方が気持ち良い)向かい風の中ダムに向けて少し走り、左に曲がった橋を渡り、また左へ。街中に入り、しかしそこも直ぐにおわり国道399へ。

茂庭っ湖マラソン-4正面にあるのがダム

茂庭っ湖マラソン-5橋を渡り街中へ 茂庭っ湖マラソン-6

もうこの時点で人はばらけて、ストレスは一切無し。今回はペースを5分20秒/キロ程度に考えていましたが、5キロまでは下りなので少しペースアップ。人が少なく、道も広い。近くに綺麗な川が蛇行して流れ、橋を渡る時綺麗な風景が見られます。所々で地元の人が応援してくれ、とても気持ちが良い。

茂庭っ湖マラソン-7お婆さんたちの声援 茂庭っ湖マラソン-8第1折り返し付近

5キロで折り返すと、向かい風になり少しペースダウン。景色を楽しみながら10キロまではあっと言う間に終わった感じでした。しかし、向かい風で体が冷えたためかここでトイレに行きたくなり、会場のトイレに行こうか悩んで、結局そこを通り過ぎてしまいました。

茂庭っ湖マラソン-9橋から風景が綺麗だったのですが写真では撮れなった。

茂庭っ湖マラソン-10ススキも綺麗でした。

茂庭っ湖マラソン-11橋を渡って大会会場に一度戻ります。

会場を通過して、いよいよ難関のダム上までの上り坂へ。高低差がどの程度あるのか定かでありませんが、上り坂が2キロ近く続きます。私の場合比較的上りは得意なこともありここは難なくクリアした感じです。登りきったところの給水所でトイレがあったのでそこに駆け込み、無事レースに復帰。

茂庭っ湖マラソン-12長い坂を上ります。 茂庭っ湖マラソン-13上りきり茂庭っ湖と対面

坂を上りきり茂庭っ湖の東側を走ります。湖は思いのほか水が少なく、もっと水があればより綺麗だったと思います。少し走ったところで風が一段と強くなった感じ、暫く行くとトンネルが・・・。それも面白かな?などど思っていたのが甘かった。

茂庭っ湖マラソン-14トンネル入り口

トンネルの中に風が集まり?一段と風が強く、帽子は飛ばされそうなので手で持って走りました。長さは200m程度でしょうか?そんなに長くは無いのですが・・・。トンネルを出た時は、完全に体が冷え切り、かなりやばい感じ。寒さでリタイアするかもと真剣に考えました。

茂庭っ湖マラソン-22ともかく風が強く、体温を奪う。

トンネル内ほどではないものの風は強く、どうなることか・・・。幸いこの後日が照りだし、体を少し温めてくれたのがかなり助かりました。(その後はまた曇ったり晴れたりでしたが)。調度そのころ歩道を歩いている一段から多くの応援を頂きました。たぶん大会のウォーキングの部の方々だと思うのですが、結構励みになりました

茂庭マラソン-15  茂庭マラソン-16景色は綺麗なのですが・・・

しばらく行くと早くも折り返しの先頭の人が。でもちょっと驚きなのが、片側一車線の道路を特に目印も無く右側通行で折り返してくるのです。これも参加人数が少ないから出来ることだと思うのですが・・・、

茂庭マラソン-17早くも折り返しの人が。

湖畔の景色は綺麗なのですが、ともかく風が強く半分も行かないうちからかなり疲れてきて、完走する自信がなくなってきました。ようやく折り返しまでたどり着くと、その後は断然楽に。当たり前ではあるけどその落差は劇的でした。しかしあと一往復しなければ・・・。

茂庭っ湖マラソン-17折り返し 茂庭っ湖マラソン-18一気に楽に

体が冷え切ったせいかまたトイレに行きたくなっていました。折り返し前に給水所+トイレがあったのでそこを目指します。何処の給水所でも高校生が主にがんばっているのですが、ここの給水所の高校生は学園祭のような乗りですこし困惑(でも許容範囲です。一箇所くらいあっても面白いと思います。)。パンを貰って、トイレに行ったのですが、前の人がなかなか出ないので1分くらいのロス。その間にストレッチして体をほぐしました。

茂庭っ湖マラソン-19学際のようなのりの給水所

しばらく行ってようやく中間地点、タイムは1時間55分(だったと思う)。先ほどまでの苦労を思うとまずまずの出来? それ以降追い風に乗り、ダムの地点までは楽に走ることが出来ました。

茂庭っ湖マラソン-21 この辺は景色を見て楽しく走れました。

ダムにさしかかると、今度は真横からの強い風。それを何とか渡りきり折り返し。

茂庭っ湖マラソン-24横からの風は向かい風とまた違ったつらさが!
茂庭っ湖マラソン-25折り返し

反対側からだと、出発地点付近が眼下に見え、それもまた楽しかったです。が、風が強い・・・・!。

茂庭っ湖マラソン-26眼下みえるのが大会会場の駐車場。会場はそのさらに奥
茂庭っ湖マラソン-27ダムの給水所では、太鼓による応戦も

ダムを渡りきり、湖東側を2週目。そしてまたトンネル。※△?■♪×!!!。体が慣れたせいか、少し気温が上がったせいか、最初ほどは堪えなかった。しかし、やはり風は強い。がんばって走るもだんだん足が重くなる。

茂庭っ湖マラソン-28この辺が一番きつかった。

26キロ付近でいつも30キロ地点以上で感じる下半身の重い感覚(うまく説明できない)が生じて、さらに太腿の内側に違和感が。これまで痛くなるとしたら膝であったが、これは初めて。再び完走できるか不安になってきました。(この辺からしばらく写真を取る元気も無し)。この時はゴールより、折り返し地点を目標に走りました。そしてようやく折り返し。

茂庭っ湖マラソン-29ゴールのように感じる折り返し地点。

安堵したのは私だけではないらしく、私の前を走る2人とも折り返し後直ぐに立ち止まって休憩していました。私は取りあえず走り続け、元気な高校生の給水所までたどり着きました。1週目のときに梅干があったのでそれを楽しみにしていたのですが、それは既に無くなっていて、代わりにりんごを頂きました。とても美味しく元気が出ました。

茂庭っ湖マラソン-30ここで一気に元気を回復

軽くストレッチをして走り出すと、なんと体の軽いこと。追い風の影響ありますが、いつもなら一番つらい35キロを過ぎても快調に走ることができました。(5分10秒/キロ台で快走)。天気もこの頃一番晴れていたような気がします。いつもなら苦しいはず地点が結構楽しかったです。

茂庭っ湖マラソン-31   茂庭っ湖マラソン-32

すれちがう折り返し前のランナーは当然苦しそうで、結構ふらふらな人も。でこうなると右側通行にも頭が回らなくなり、ぶつかりそうな人も...(人が少ないので、実際ぶつかることは無いですが)。私レベルなら全く問題ないですが、トップレベルの人は折り返しですれ違う人と、周回遅れを抜くので結構走りずらいのではと思います。

茂庭っ湖マラソン-33  茂庭っ湖マラソン-34素晴らしい!コース

茂庭っ湖マラソン-23右手の堤防のようなものがダム。この上を渡ります。

快調に走り、最後の難関、ダムを渡り(やはり風が強い)、後は坂を下るだけと簡単に考えていたら。。。。
坂は登りと同じようにさほどきつくないのですが、2キロ近く続きます。たぶん普通の状態なら、下り坂が苦手な私でも颯爽と駆け抜けたと思います。が、最後の2キロ。強い風で足に余力は無く、勢いを付けたら止まらなくなるのは自分でも良くわかりました。
茂庭っ湖マラソン-35予想していなかった恐怖の下り坂(苦笑)

で、スピードが出ないようにブレーキを掛けながら進んだのですが、これがキツイ。キツくてブレーキを緩めたいのだけども、それも出来ず、ともかく耐えるのみ。後ろからどんどん抜かされるも何も出来ずひたすら我慢。タイムを見るとなんと6分/キロ以上掛かっていました。上りより遥かにきつく、今回向かい風の次に厳しいものでした。

坂の中間あたりで、女子高生たちが応援とスピード出し過ぎの注意を促していました。普通なら写真を撮っておくところなのですが、「変なおじさん!」と思われそうで、撮れませんでした(笑)ブレーキの掛けすぎで、足がおかしくなるかと思いましたが、何とか下りきり、軽くストレッチをして、ゴールに向かいます。ゴールまでは数百メーター。足取りも軽くゴールに向かうことができました。

茂庭っ湖マラソン-36ゴールまではあと少し

ゴールではまたまた高校生たちがお出迎え。律儀にゴールのたびにゴールテープを張り直し迎えてくれます。目標どおり3時間50分台でゴール。(正確には3時間55分55秒。条件は考えると上出来でした)

茂庭っ湖マラソン-37ゴール。

ゴールをすると大きめなスポーツタオル(参加賞)を掛けてくれました。これは体が冷えなくてとても嬉しかったです。ゴール後も混雑とは無縁で、すごくのんびりしていました。(スタートは一緒ですが、ゴールはばらばらなのでほんとに人が少ないです)完走書を貰い。順位を確認すると、クラス別(男子40歳代)で51位。おしいっ!と言うのも飛び賞も豊富で、50位でも商品があったのです。(5人に1人位の割合で飛賞がありました。が、やはり籤運???ない。)

体が冷えないうちに直ぐに着替えストレッチをして、参加賞ときのこ汁を貰いにいきました。参加賞は、茂庭のお米、りんご、きのこ、または(たぶん子供用に)お菓子から選択でき、私はお米を貰いました。大きめの器に具沢山のきのこ汁をもらいは用意された椅子で座って食べると体が温まり凄く癒されました。

茂庭っ湖マラソン-38きのこ汁がとても美味しかったです。

この大会は、手作りの良さが、ここ彼処に感じることの大会でした。

最後に茂庭産の、柿(10個位で200円)、ニンニク(大6個位で300円)、たかな(1パック200円)を買って帰路に着きました。
茂庭っ湖マラソン-2茂庭の農産物を安価でいろいろ売っていました。

次回は、走った後、泊まってゆっくりと温泉に浸かりたい、また参加したい大会でした。スタッフの方々に感謝します。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://run48.blog.fc2.com/tb.php/110-9dad80fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)