48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2017年 古河はなももマラソン

今日は古河はなももマラソンに参加。3回目で、今回は記録狙いも諦めているので、詳細のレポートは省略。

申し込み時は3時間半切を目指していましたが、今シーズン2回の故障でこれは完全にあきらめました。で、目的無いまま走ってもろくなことはないので、取り合えず3時間40分を切るよう走ることにしました。で、結果を簡単に書くと

15キロ付近までは周りに引っ張られ(惑わされ?)5分/キロのペースで走っしまいました。しかし、その後、脚に不安を感じて5分10秒前後に修正。結果、そのままのペースでゴール。ネットで3時間37分55秒をなりました。結構余裕を持ってのゴールとなったので、少しは自信が戻ってきた感じです。

マラソン0312-2
スタート前に撮影

マラソン0312-1なぜかゲストは小島よしお

スポンサーサイト

2017勝田マラソン

前回(4年前)と同様に途中まで車で行き、電車に乗り継ぎ勝田駅まで。勝田マラソンの会場に着いたのは9時前。簡単に会場を下見して、スタート40分前まではのんびりしました。

今回気温は高めの予想だったのですが、陽がかげると結構寒く、どのような恰好で走るか悩みましたが、短パン+ランシャツ+アームウォーマー+腹巻!としました。以前よりお腹が冷えることが気になっていたのですが、昨年のサンライズイワタトライアスロンでお腹を冷やして体調を崩したので、今回は試しに腹巻(登山用品モントベルのもの)を使用してみました。

2017勝田マラソン01大会会場  2017勝田マラソン02フードエリア

20分前くらいにスタートブロックに到着すると、既かなりの人が並んでいる。この時点での指定ブロック一番後ろに並んだのですが、その位置は前回と全く同じ位置でした。スタートまでのんびりした感じの大会アナウンスを聞きながら、邪魔にならないように軽くストレッチ等をして待つ。後方に居ると今一はっきりしない感じでスタート。ぞろぞろ進んで3分くらいで、スタートゲートを通過。
2017勝田マラソン03スタート位置  2017勝田マラソン04スタートゲートを通過

最初は2車線の比較的狭い道路を駅前まで走る。しかし今回、比較的スムーズに前が進み、5分30秒/キロペースでは楽に進むことができました。1キロも進むと駅前の大通りに出て、右折車線も含めれば、両側5車線はある広い道になります。これが5キロ地点過ぎまで続きます。
2017勝田マラソン04最初は会場近くの商店街を走る。2017勝田マラソン06駅前大通りへ

さて、今回の私の目標は、申し込み時点では3時間37~40分だったのですが、11月末の腰痛で、その後練習不足となり12月の末のはが路ふれあいマラソンでは4時間ペースでも最後は続けて走れなくなったため、今回は3時間55分程度としました。と、いうことは、5分30秒/キロ前後で走ればよく、ランイングウォッチをこまめに見ながら速度調整を行いました。で、大通りに出るとやはり皆ペースアップ。周りは予想以上に早く、みんなに抜かれるようにしないとペースオーバーしてしまう。気を付けるも、ついつい周りに流され速度アップ。しかしあまりペースを気にするのも疲れるので、2キロ当たりからは、極端に早くなければよしとして、走りやすいペースでしばらくは走ることにしました。
2017勝田マラソン07  2017勝田マラソン09応援も多いです。  2017勝田マラソン10

今回駅前の大通りを走っていて、細かなアップダウンが結構あることに気付きました。フルのコースは、最後この駅前のコースを戻るのですが、4年前脚が動かず、泣きたい気持ちで最後走ったことが思い出しました。
2017勝田マラソン11   2017勝田マラソン12  2017勝田マラソン13ここで右折。

5キロを過ぎたところで駅前大通りとは別れ、少し狭い道を走った後、国道245の直線コースを約9キロ走ります。前回、国道245号へ大きく左折して入った後直後にあった1つ目の給水所で、その存在に気付くのが遅れ、給水ミスをしたのですが、今回はこれも無事クリア。しかしカップを取った後人の少ない右側に寄り、給水後空のカップをゴミ箱を捨てるのに左に寄るのに人が多くかなり手間取りました。そのためか結構路上に投げ捨てられたコップが多く少し走り難い。
2017勝田マラソン16しばらく続く直線 2017勝田マラソン15コース付近で干し芋作り

この後の直線コースは結構長く感じました。あまり風景の変化もなく、この部分だけは応援の数もかなり少なくなります。(国道のバイパス区間?という感じで民家が少ないです)道幅は広く舗装も良いので、その分走りに徹しやすいのですが、私の目標に対してペースが速すぎるのを感じで、ここで改めて5分30秒/キロになるように極力注意しました。すると面白いように多くの人に抜かされていきました。(笑)また、さほど強くはありませんでいたが、北風があり、これが少し負担となりました。
2017勝田マラソン1714キロ付近でもこの集団  2017勝田マラソン18

15キロ付近で原子力科学館があり、そこのトイレが解放されていたので、ここなら比較的数が多くて早く用を足せるかもと期待して、早めにトイレに行くことに。この判断は、結果的には良く(トイレ数は少なかったですが、人が少なく2分弱のロス)レース復帰できました。トイレを出てしばらく走ると左折して西方向へ、そして結構建物も多いエリアへ。するとこれまでの北風がなくなりかなり楽になった感じ。それでもペースを守り走ることに。
2017勝田マラソン19左折して人家も応援も増えます。 2017勝田マラソン20

2017勝田マラソン2117キロ付近で既に豚汁が

19キロ付近で再度左折して南方向に走り始めたころから、脚に結構余裕があることを結構確信をもって感じることができました。この辺からアップダウンもあり変化が富んでくるのですが、自分の感覚を信じて少しペースアップすることにしました。
2017勝田マラソン23     2017勝田マラソン22
中間地点は、最初の予定に近いタイムで通過。

2017勝田マラソン24      2017勝田マラソン25   2017勝田マラソン26

25キロ付近で陸橋を渡り、市街地に入っていくころには、調子が段々上がっていく。自然に脚が前にでる巡行モードに入った感じ。ただこの巡行モードを保つには姿勢を保つ必要があり、自然写真を撮る回数も減っていきました。(2回目なので最初からあまり撮ってませんが)

2017勝田マラソン27各所に私設エイドが  2017勝田マラソン28

街中に入っていくとエイドがかなり増えてくる。この頃は結構日も出ていて暑くなり頻繁に給水が欲しくなるので助かりました。エイドにはいろんなものが置いてましたが、今回調子も良くあまり速度を落としたくなかったため、給水以外は何も取らず走りました。
2017勝田マラソン29このエイドにはかなり色々あるみたいですが、今回もスルーしました。

マラソンを始めた当初は、途中のエネルギー補給を考えて、飴、干し梅、ブトウ糖をウエストバッグに入れ走っていたのですが、ここ最近はなくても大丈夫と何も準備せずに走っていました。(エイドにも飴はあるし、実際ほとんど補給していない)しかし、エネルギー補給を見直し、今回はブドウ糖タブレットを準備。25キロ以降5~3キロ毎にこれを補給しながら走りました。この補給も効いたのか5分15秒前後のペースで安定して走り、37キロ付近の駅前の大通りに戻れました。
2017勝田マラソン3030キロ付近  2017勝田マラソン31駅前大通りに戻る。

前回は泣きたい思いで走ったこの道を、今回は快調に走ることができました。中間地点以降私自身は、ほぼイーブンペースなのですが、かなりの人がここでペースダウンしていて、面白いように前の人を抜いていくことができました。調度、10キロ付近でペースを抑えた時に抜かれた分を取り戻す感じ。
2017勝田マラソン32
最後36-41キロは再度大通りをRUN。ここを1日封鎖するなんてすごいと思う。

最後の5キロも順調に!と言いたいところでしたが、やはりこの辺からは少し苦しくなってくる。それでもペースは最後まで落ちることなくゴールすることができました。
2017勝田マラソン33大通りを左折して会場へ  2017勝田マラソン35ゴール

ゴール後にドリンク、バナナ、Tシャツをもらい、記録書を受け取り、そのまま預けていた荷物を回収して、陣取っていた場所に戻りました。ここまでもまたスムーズで大会関係者の尽力に感心します。早々に着替えをして、出店に行き、カレーとチャイ(スパイスの入ったミルクティー)を購入して頂き、お腹も落ち着いたところで帰路に着きました。

2017勝田マラソン37疲れた体に暖かいチャイが美味しかった。

 2017勝田マラソン38荷物は指定範囲に自分で置いて、自分でピックアップ。結構効率が良い



2017勝田マラソン(速報)

今日は勝田マラソンに参加してきました。いつものように今日は簡単。

今回一番悩んだのは、目標タイム。前回腰痛明け?で挑んだはが路ふれあいマラソンで、4時間の目標でさえクリアできなかったので、今回は4時間ペースでこれを確実にクリアするか、もう少し早くするか。そして、また4年前に出場した勝田マラソンでは記録を狙い35キロ過ぎからはまともに走れなくなったので、今回は最後までしっかり走り切りたい思いもあり・・・・。

結局、3時間55分で走る予定でしたが、中間地点を過ぎた地点で脚が元気だったので後半ペースアップして、ネット3時間45分51秒と予想以上に良い結果となりました。はが路でかなり失っていた自信を取り戻すことができました。(別の言い方をすれば、日頃の練習の大切さを改めて認識しました)

2017勝田マラソン-00
フルマラソン参加1万5千人。小さな市でこれだけの大会を開催するってすごいと思います。すごい無形の財産だと思う。


2017高根沢町元気アップハーフマラソン大会

今日は高根沢町元気アップハーフマラソン大会に参加してきました。

4年前も参加した大会で、コース等の変更もほとんどないので、今回は簡単に。今回はカメラも持たずに走りましたので、コース等少し詳しく知りたい方は「2013高根沢元気アップハーフマラソン大会←クリック」を参照ください。
※4年前との大きな違いは、最初のグランド1周半が半周になり、14キロ当たりでその分を稼ぐ折返しが追加され、その位置に給水所も追加されたくらいです。

天気のポイント予報では、結構風が強くなるとなっていたので、それを気にしていたのですが、結局最後まで風は穏やかで、天気もうす曇り程度、気温は低くまさにマラソン日和でした。この大会のコースはほぼフラットで、私のハーフの記録は4年前にここで出し、申し込みをした時点では、今回もここで記録更新を狙うつもりでした。しかし11月末に腰を痛めて、その後練習もあまり出来なかったので、今回は1時間40分を切る程度のかなり低い目標にしました。また、この大会は日本陸連公認の大会で、箱根駅伝走者も含む青山学院大学、東海大学陸上部が招待選手となっていて、制限時間も2時間10分と結構ガチな大会です。
2017高根沢町元気アップハーフマラソン
ハーフの前に10キロマラソン等が行われています。

2017高根沢町元気アップハーフマラソン4     2017高根沢町元気アップハーフマラソン3走る前に味噌汁を頂きました。

スタート位置に目標タイム順に並んだのですが、1時間40分の位置では半分くらいの位置。スタートは1分前のコールの後は何もなく、後方にいると突然スタートした感じ。最初は会場のグランドを半周して、その後は農道へ。最初は少し混み合うもあまりストレスもなく進みました。2キロ程度走ると自分のペースもつかめてきて、4分40~50分/キロでラン。腰の様子も気にしながら走りましたが、腰にも問題はなく、またペースも最後もでイーブンで走り切りました。(コース、景色等かなり単調で、またスピードを落とした分余裕もあり、特筆すべきことがありませんでした。)タイムは目標通りの1時間39分42秒。このタイムで順位は真ん中より少し前程度なので、やはりレベルは高いです。

ゴールして、完走書を貰い、陣取ったシートに戻るころには汗も引き一気に寒く感じました。(完走書に記している気温は-1.3℃でした。)急いで着替えを済ませ、出店で高根沢町でいま売り出している「高根沢ちゃんぽん」を購入して頂き、体を温めた後帰路に着きました。
2017高根沢町元気アップハーフマラソン24年前より出店はかなり増えてました。


2017高根沢町元気アップハーフマラソン5枝豆が入った高根沢ちゃんぽん


2016年はが路ふれあいマラソン

はが路ふれあいマラソンのレポートですが、今回は3回目なので簡単に。(過去2回のレポートは2014年2015年←クリック)

今年は自宅を7時40分に出て、ほぼ渋滞なく井頭公園に8時過ぎに到着。
2016年はが路ふれあいマラソン1       2016年はが路ふれあいマラソン2
交通整理もクリスマス仕様で大会気分を盛り上げます。 トイレの数も十分

8時30分より開会式があり、少し覗いてた後、会場の広場に陣取ったシートでしばらく日向ぼっこ。この日の朝は、気温は結構低かったですが、天気は良く日向は気持ちよかった。
2016年はが路ふれあいマラソン3恒例のゆるキャラも登壇

スタート30分前にストレッチをして、コマさんに着替えた後、スタート位置へ。今回は腰に異常がなけらば4時間過ぎ位を目標?にしていたので、時間区分のその位置に並びました。私の腰の状態を少し詳しく書くと、現在痛みは全くなく、但し違和感がありそれが痛みに変わるのが怖い!といった感じ。朝方や座りっぱなしの方が、走っている時よりも痛みが出そうで、屈んだ作業では違和感を強く感じる。元々、腰の痛みが出始めたのも、ハーフマラソン3日後に屈んだ作業をしていた時なので、直接RUNとは関係なさそう。(RUNで疲労がたまっていたのはあると思う)。とにかく今回は腰と相談しながら、無理しないことにしました。

2016年はが路ふれあいマラソン4
スタート位置に並んだ時に左側が空いていたのでそちらに入ったのですが、それが失敗。左側は日陰で、10分以上も待っていると結構寒かった。周りを見渡すと今年も結構仮装の人が多い。ちなみに今年は申込開始後3週間くらいで定員に達したようで、人気が出るのは地元として嬉しいですが、次回エントリーできるか不安になってきます。

スタートと同時に花火が上がり、後方の私は少しずつ前に進みます。コースはこれまでと全く同じ。最初1キロくらい農道を進み、その後2車線の広い道に出ます。そこまでは今回もゆっくりとRUN。広くなったところで、意識的に上半身を振って腰を温めます。更に5キロぐらい走ったところで、腰の不安はほとんどなくなりました。
2016年はが路ふれあいマラソン5     2016年はが路ふれあいマラソン6

沿道には今回も多くの応援の方々、子供を見つけては、コマさんとして手を振って通り過ぎる。やはり「妖怪ウォッチ」の人気は大したもので、反応は良い

2016年はが路ふれあいマラソン7   2016年はが路ふれあいマラソン8   2016年はが路ふれあいマラソン9
今回も、多くの仮装ランナーがいました。

2016年はが路ふれあいマラソン10   2016年はが路ふれあいマラソン11   2016年はが路ふれあいマラソン12
この辺は長閑な風景です。

2016年はが路ふれあいマラソン13益子に入ると応援の看板が一挙に増えました。

今回、ゲストランナーの芳賀町出身の赤羽さんは最後尾からは21キロまで走ると、開会式の時に言っていたのですが、益子に入ったあたりで追いつかれ、内側を走っていた私は言葉を交わすことは出来ませんでしたが、近くの人には声を掛け、軽快に走り抜けていきました。
2016年はが路ふれあいマラソン14走り抜ける赤羽さん

益子の街中に入ると毎回のことながらいろいろな応援があり、盛り上がりコマさんも、忙しい。沿道で何かを手渡しているエイド?があり、そういえば昨年お守りを配っていたとのレポートを思い出い私も近づき手に取ると、手作りのお守り!本当に頭の下がる思いです。「ありがとうとう」とお礼を言って走り抜ける。
2016年はが路ふれあいマラソン15     2016年はが路ふれあいマラソン16貰ったお守り

2016年はが路ふれあいマラソン17     2016年はが路ふれあいマラソン18

幾度もハイタッチを行いながら、街中を抜けると、いよいよ上り坂。ここまで調子よく、4時間くらいのペースを堅持。この後本来ならペース落とすべきだったのですが、腰の不安を感じなかったので、そのままのペースで走ることに。(これが後で効いてきた!)

2016年はが路ふれあいマラソン19     2016年はが路ふれあいマラソン20
風景は里山と変わりますが、至る所で応援が

2016年はが路ふれあいマラソン21     2016年はが路ふれあいマラソン22

2016年はが路ふれあいマラソン23     2016年はが路ふれあいマラソン24
エイドで梨、リンゴを頂きました。

2016年はが路ふれあいマラソン25     2016年はが路ふれあいマラソン26

2016年はが路ふれあいマラソン27     2016年はが路ふれあいマラソン28

長い上り坂の区間も最後の急坂を上り終了。しかし私にはこの後の急な下り坂の方が毎回難関。今回は、腰への負担が怖くここは最初から超ゆっくりと下ることにしていて、その通り下っていると面白いくらい?後ろから抜かされて行き、改めてランナーの多さに気付きました。(笑)
2016年はが路ふれあいマラソン29     2016年はが路ふれあいマラソン30

そしてほぼ中間地点に位置する茂木のエイドに到着。ここには苺もたくさん置いてあり、まずは1つ頂き、味噌汁も取ってそのまま進む。トイレに4,5人くらい並んでいましたが念のため私も並んで用を足す。エイドを超えたところが、中間地点で今年から計測されるようになり、時間を見ると2時間1分。調度良いペースで、この後もこのペースで進むことに。脚の方は少し疲れた感じはあるけど大丈夫だろう・・・。 少し走ったところで赤羽さんが待っていてハイタッチ。
2016年はが路ふれあいマラソン31   2016年はが路ふれあいマラソン32   2016年はが路ふれあいマラソン33

2016年はが路ふれあいマラソン34中間地点

天気は相変わらず良く。気温は予報より高くなっている感じで、被り物をしていると正直暑い。これまで3回ほどジバニャンで走りましたが、いずれも気温が低かったのであまり気になりませんでしたが、今回は少し辛い感じ。それでもコマさんは愛嬌を振りまいて走らねば(笑)。茂木から市貝までは最初の坂を上れば後は緩い下り基調なので比較的楽です。真岡鉄道の横を走りSLを来るのを待ちますが、4時間ペースだと少し早いと、SLが来る前に通り過ぎていまう。今回は遅めなので大丈夫と思っていたら、間の悪いことに調度線路が見えない位置でSLが通過。今回は音だけのちょっと寂しい結果になってしまいました。
2016年はが路ふれあいマラソン35   2016年はが路ふれあいマラソン36   2016年はが路ふれあいマラソン37

そして市貝の街中に入っていく。ここからゴールまでは、エイドが各所にあり、いろんなものが食べられ楽しい。
2016年はが路ふれあいマラソン38   2016年はが路ふれあいマラソン39   2016年はが路ふれあいマラソン40
苺をもらい、 次は梨ゼリー!

2016年はが路ふれあいマラソン41     2016年はが路ふれあいマラソン42
もちろん、いろんな応援も

さて、フルマラソンの大きな分岐点、30キロを通過したあたりから、どうも脚の調子が良くない!。2年前の同大会で3時間40分切を目指した時と同じ感じ!。でも、今回は4時間ペースの走りだし、今年は10月末に3時間50分で水戸を余裕で走れたしと、自分に言い聞かし(言い訳して)走りました。きつくなると笑顔がなくなり、しかしコマさんは笑顔でなくてはと、しばらくは引きつった笑顔のコマさんでRUN。
2016年はが路ふれあいマラソン43     2016年はが路ふれあいマラソン44

2016年はが路ふれあいマラソン45     2016年はが路ふれあいマラソン46

天気も良く気温も上がり、脚も動かなくなり、だんだんコマさんの被り物もきつくなってくる。去年は楽しく頂いたお汁粉、水餃子のエイドも、それらを食べる元気もなく、通り過ぎ・・・、
2016年はが路ふれあいマラソン47楽しみのハズの水餃子、お汁粉をスルー(泣)

2016年はが路ふれあいマラソン48この先から一段と苦しくなり・・・

そして37キロ当たりでついにた耐えられず歩き始めることに・・・。腰は全く問題なし。しかし、この頃はなぜか右ひざに力が入らない感じ・・・。このとき、今回はそれも良しとしていた「途中棄権」も考えました。しかしそれは腰痛の時のみのことと、自分の言い訳を正し踏みとどまりました。この後、暑さもあり、笑顔を振り向ける余裕がないことを実感して、暫くは被り物を外して走ることに。(コマさん失格です。すみません。)。蕎麦のエイドも食べる元気がなくスルー。
2016年はが路ふれあいマラソン49     2016年はが路ふれあいマラソン50

その後、半分歩き、半分走り、最後の急坂で応援も再度増えてきたので、コマさんを復活させる。そして何とか急坂を上りきり視界が開けたところで、応援に来た娘の姿を発見。「今回は練習不足でだめだ~~~!」と言い訳しながら走る悲しい父(泣)。
2016年はが路ふれあいマラソン51     2016年はが路ふれあいマラソン52最後の坂を上ると

2016年はが路ふれあいマラソン26

そこから約1キロ何とか進み、最後、ゴール直前でトラの被り物をしたランナーに励まされ、なんとかゴール。タイムは当初の予定内の4時間17分でしたが、走り続けてのタイムではないので自分としてはNG(練習不足を謙虚に受け止め、もっとペースを落とすべきだったと反省)

2016年はが路ふれあいマラソン53     2016年はが路ふれあいマラソン54

2016年はが路ふれあいマラソン57     2016年はが路ふれあいマラソン58

2016年はが路ふれあいマラソン55
ゴール。トラさん、さくらんぼさん、励ましてくれてありがとうございました。

日頃は一人で練習していますが、今回色々な人にエールを頂き、けして一人でないことを感じました。大会関係者を始め、いろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願いします。