48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2018年深谷シティーマラソン
2018年結城市シルクカップロードレース
2018年勝田マラソン
2018年下野市天平マラソン
2017年はが路ふれあいマラソン
2017年加須こいのぼりマラソン
2017年大田原マラソン
2017年宇都宮マラソン(5キロ)
2017年矢板たかはらマラソン
2017年芳賀町梨の里マラソン
2017年茂木町ふれあいマラソン
2017年青木湖マラソン
2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017東京湾アクアスロン
2017サンライズイワタ
2017うつくしまトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2018おやま思川ざくらマラソン

おやま思川マラソンは今回で2回目。但し前回はハーフまでしかなく、その後30キロになり、今年からフルがメインとなりました。我家からは会場までは4号バイパスを使い1時間弱で行けスタート1時間以上前に会場に到着。

今回の大会の目的は、タイムではなく再来週の「宮古島トライアスロン」に向けての最終調整。できれば暑い中で走って暑さに慣れておきたかったのですが、(私的には)残念ながら涼しくなってしましました。そして今回暑さに耐えるため、あえてジバニャンの仮装で走ることにしました。

スタートは9時と少し早め。20分前にスタート位置に行き、今回は4時間30分以内ぐらいでゆっくり走るつもりであったので、その辺ブロックに並びました。並ぶ前に仮装の人がどれくらいいるか見たのですが、季節的に暑くなるためか、またコースから判断してギャラリーが少ないことが予想されるためか、仮装の人はかなり少なかった。

2018おやま思川ざくらマラソン01スタート位置    2018おやま思川ざくらマラソン02スタート

スタートして、当然周りはいつもよりゆっくり。私も、周囲に合わせてゆっくり走ります。今大会のフル参加者は約1500人と少ないので、道幅はさほど広くないですが、混んでいる感じは少ない。会場は思川沿いにあるので直ぐに川岸を走ることになります。なので、最初からギャラリーは少なく、ジバニャンも少し寂しい(笑)。

2018おやま思川ざくらマラソン03直ぐに川沿いに  2018おやま思川ざくらマラソン04可愛い応援団

2018おやま思川ざくらマラソン05思川を渡ります。   2018おやま思川ざくらマラソン06

3キロぐらい走って、対岸に渡り土手の上をひたすら走ります。・・・ひたすら走ります。・・・・ひたすら走ります。・・・。菜の花がすごく綺麗なのですが、この後渡良瀬遊水地まで約21キロ、人家も少なく、当然応援も極小。ジバニャンも黙々走ることに。途中風も強く我慢の走り。

2018おやま思川ざくらマラソン07     2018おやま思川ざくらマラソン08     2018おやま思川ざくらマラソン09
--- さくらより菜の花が綺麗に咲いていました。 ---

2018おやま思川ざくらマラソン10   2018おやま思川ざくらマラソン11   2018おやま思川ざくらマラソン12
---時々土手を降りても、また直ぐ土手に上り走り続けます。

2018おやま思川ざくらマラソン13給水所  2018おやま思川ざくらマラソン14この辺特に風が強かった。

渡良瀬遊水地を抜けると、今度は野原といった感じのところを約30キロ走ります。(ジバニャンで黙々と走りした。)その後往路で通った土手を戻り、34キロ付近で土手を離れ、ようやく?住宅街へ。ここぞとばかりジバニャンは愛嬌を振りまきました。(笑)。しかしまた直ぐに土手に戻り、後はゴールを目指します。

2018おやま思川ざくらマラソン15 ようやく遊水地へ   2018おやま思川ざくらマラソン16

2018おやま思川ざくらマラソン17今度はこんな感じのところをひたすら走る。 2018おやま思川ざくらマラソン19

2018おやま思川ざくらマラソン18途中、ゲストの増田明美さんが応援

2018おやま思川ざくらマラソン20たまに人家も  2018おやま思川ざくらマラソン21土手に戻ります。

2018おやま思川ざくらマラソン22

2018おやま思23川ざくらマラソン少しの間住宅街へ  2018おやま思川ざくらマラソン24

2018おやま思川ざくらマラソン25   2018おやま思川ざくらマラソン26   2018おやま思川ざくらマラソン27
---ひたすらゴールを目指します。---

2018おやま思川ざくらマラソン28   2018おやま思川ざくらマラソン29   2018おやま思川ざくらマラソン30
--- ゴール会場へ ---

結局、予定通り6分/キロ程度ではしりゴール。タイムは4時間12分。ゴールして直ぐに着替えして、サービスの小山うどんを頂きました。肉うどんで、とても押しかったです。お腹を満たし、早々帰路につきました。

2018おやま思川ざくらマラソン31ゴール  2018おやま思川ざくらマラソン32肉沢山のうどん

スポンサーサイト

2018おやま思川ざくらマラソン<速報>

今日はおやま思川ざくらマラソン(フル)に参加してきました。宮古島トライアスロンの暑さに慣れるため、ジバニャンんの仮装で参加したのですが、意外と涼しくて、その目的は果たせてませんでした。結構風が強く苦戦しましたが、予定通り6分/キロの一定ペースで走り切りました。

おやま思川ざくらマラソン
菜の花が綺麗でしたが、コースは土手沿いで応援が少なく、黙々とジバニャンで走ることになりました。



久喜マラソン大会

久喜マラソンの会場は、高速インター近くのなので我家(宇都宮市東部)からでも、高速を使えば1時間半も掛かりません。会場の駐車場に車を停めて、メイン会場近くに陣取り、スタートまで待ちました。今回の一番の目的は、最強の市民ランナー川内さんの地元を川内さんと走ってみたかったこと。1か月後の宮古島トライアスロンに向けての調整ともあるのですが、先々週の古河はなももマラソンで全力を出し切り、正直ガチ度はかなり低下していました。そのせいだと思うのですが、会場に着いて時間を確認しようとしたときはじめて、今回ランニングウォッチを家に忘れてきたことに気付きました。(苦笑)
久喜マラソン01会場にはこんな書割りも 久喜マラソン02今回はこんなタグ。

陣取った場所で休憩していると、隣に陣取っていたグループから「あ、川内さんだ!」との小さな声。見ると直ぐ近くを一人で川内優輝さんが普通にアップしていました。それでけの光景で、何となくこの大会に期待が持てる単純な私(笑)。

20分前に招集場所に移動。今回はゆっくり目で1時間38分台程度としていたので、35-40分の最後方に並びました。天気は晴れて暑くなりそう。気温は20度を超える予報で普段なら、マイナスに考えるのですが、4月の宮古島を考えると暑くなってもらった方が練習としては嬉しい。しかし思ったほどは暑くなく、少し暑いくらいでいい感じ。あんまりはっきりしない感じでスタートが切られて、ゾロソロと前に進む。スタートラインを越えてからも今一つスピードが出ない。ランニングウォッチがなくても遅いのは明らかなぐらい周囲は遅く、空いている場所を見つけてどんどん前に進む。
久喜マラ03ソンスタート位置  久喜マラソン04スタート後

今回のコースは結構面白く、約2キロ先の久喜駅前まで走り、約8キロ地点の鷲宮神社を折り返えし、暫くは来た道を戻り、途中で線路の反対側に渡り、今度は反対側の久喜駅前(裏?)を走って、会場に戻ります。なのでかなり街中を走ります。後で感じたのですが、川内さんの凱旋RUNの感じもします。しばらく走り市役所付近からは道も広がり走り易くなります。駅近くになると、道幅はまた狭くなりますが、この頃には結構人もばらけてきてさほど気にならない。
久喜マラソン05会場を離れ少し広く 久喜マラソン06駅前

久喜駅の本当ずぐ前を通過して走り続けると、周囲は住宅街へ、この地点では川内さんも10分前ぐらいに通過したぐらいだろうから、応援の数がすごく多い。結構狭い片側1車線の道をこの後はひたすら鷲宮神社を目指す。
久喜マラソン07駅近くの住宅街  久喜マラソン08郊外へ

久喜マラソン09菜の花が綺麗でした。 久喜マラソン10鷲宮神社へ

しばらく直線の道が続くのですが、ここでは大きな楽しみが一つ。反対車線は復路のコースで、先頭集団をつまりガチではしる川内さんを見ることができる。そいて、いよいよ先導者が通過。川内優輝さんと思いきや別の人?、2人目違い、何かアクシデントがあったのかと思っていたら、次にパンダの着ぐるみの人が走ってきて、見ると川内優輝さん!!。一昨年は、話の流れでスーツ姿で走っていましたが(笑)。去年は普通に走っていて、当然今年も100%ガチで走っていると思っていたので、かなり以外!世界一脚の速いパンダです。
久喜マラソン11少し道幅が狭いです。  久喜マラソン12先頭が戻っくるも・・・

久喜マラソン01
先頭から3人?目はパンダだ!!!

この後はひたすら鷲宮神社を目指します。ちなみに鷲宮神社はアニメ「らき☆すた」の舞台として10年前くらいから有名で、(「らき☆すた」など全く知らないですが、この情報は栃木にも届くほど)アニメの聖地巡礼のはしりと言ってもいいくらいです。
久喜マラソン14神社前商店街を 久喜マラソン15神社前

そうこうしている内に鷲宮神社の到着。駐車場で折り返す。折り返していくと、参加者が多いことに改めて気づく。ハーフ参加者は3000人強。「らき☆すた」聖地なので仮装が多いかと思いましたが、思ったほど多くはありませんでした。
久喜マラソン16          久喜マラソン17駐車場で折返し

久喜マラソン18ランナーの多さを実感  久喜マラソン20往路と離れて少し落ち着く

さて私の走りですが、さほど無理せず走って、4.7分/キロ程度で走って、ハーフを1時間38-39分で走っている感覚。しかし関門以外の場所では時計表示もなく(関門では距離表示がない!)ので、最後まで自分のペースが判らず走り続けました。
久喜マラソン19徐々に街中に知かずく 久喜マラソン21電車が観れてうれしい(笑)

久喜マラソン22線路をくぐり駅東側へ  久喜マラソン23

13キロ辺りからは、自分のペースより少し早い感じの人を見つけてはその人に付いて行くようにしました。そしてまた、この辺から結構心地よい風が吹いてきてあまり暑さも感じないように。
久喜マラソン24折返し  久喜マラソン25東北新幹線高架橋下を走る。

久喜マラソン26駅東を通過。  久喜マラソン27最後の上り(高架橋)前

久喜マラソン28何とか上り切り  久喜マラソン29あと少し

その後ペースメーカーを3、4人替え、無理な感じんの走りでゴール。しかし、ゴールにも時間表示がなく、完走書を見ないと自分のタイムが判らない。と、そこに「システムトラブルで完走書は後日発送」のアナウンス(苦笑)。結局、完走書が送られる5日後までわからず、でもま~1時間39分台だと思っていました。(実際は1時間40分5分だった)

久喜マラソン30会場横を  久喜マラソン31ゴール

陣取っていた所に戻り着替えして、落ちついたところで、出店で焼きそばを購入してお腹を満たした後トイレに行くと、パンダの着ぐるみの周りに小さな人だかり。まさかと思って確認すると、川内優輝さんが普通に、皆と記念写真を撮っていた。私も「お願いします」と大きな声でお願いすれば、一緒に記念写真が撮れていた思います。(50歳過ぎのおじさん1人でそれをするには気が引け、他にも人も多くて遠慮しました。)

久喜マラソン33 川内さん、地元のため頑張っています。久喜マラソン34

観ていると、ほんとに地元のためにファンサービスをしている感じで好感がもてました。しかし、その時は本当に川内さん1人でその後徐々に人が増えてきていて、大丈夫だったのだろうか?その後も、川内さんのギネス認定やトークショーなど、いろいろ頑張っていてこれからも応援したくなりました。
久喜マラソン32地元キャラ 久喜マラソン35ギネス認定 久喜マラソン36ここでも撮影



久喜マラソン大会<速報>

今日は久喜市マラソン大会(ハーフ)に参加してきました。
実家の羽生市に近いことと、川内優輝さんの地元で、毎回彼がゲストとしてして参加しているのが魅力で、申し込みました。宮古島の練習も兼ねていたのですが、結局は川内さんに楽しませてもらった感じの大会でした。

久喜マラソン01
世界最速のパンダ。

久喜マラソン02

気軽に記念撮影。この後すごい人が集まりましたが!

2018年 古河はなももマラソン

古河はなももマラソンは、今年で連続4年目。コースは平坦で、時期がマラソンシーズン最後の方(=脚が出来上がっている時期)なので、記録狙いで毎年ガチで走っています。1年目、2年目は記録更新。しかし目標のサブ3.5には届かず、ベストは3時間33分9秒。昨年は大会前に軽い肉離れを起こして練習が出来ずに記録更新はなし。で、今年は万全の準備を行い、サブ3.5を狙うことに。(100%ガチなので、走りながらの写真はありません)

(コースを詳しく知りたい方は2015年古河はなももマラソン←クリック を参照ください。)

 今回は会場近くの駐車場を申込み(1500円も取られた!)、スタート1時間半前に到着。4回目なので、全て順調に事を進めスタート位置へ。3時間28分辺りで申告して、スタートは「G」エリア。ちなみに最後方は「T」。この日の天気予報は、曇りのち晴れで、気温は最高13℃。風も少しありそうで、寒いかと思いましたが、曇っている割にはさほど寒くなく、今回はガチ走りなので短パン、ランシャツのみで走ることにしました。
2018 古河はなももマラソン開会式  古河はなももマラソン11最後尾はTブロック

 ゲストの千葉ちゃんにいつものように明るく元気に送られスタート。最初はやはり混み合いペースは遅めですが、幸い今回私の周りには極端に遅い人はいなく、空いているところ見つけて、適度に走ることができました。(他の人のレポートを見ると、相変わらず遅い人が紛れ込んでいるみたいですが。)最初は、5分/キロを超えるペースだったのも2キロぐらいからは5分/キロを切るペースで走れるようになり、後はペースの調整。5キロのところで25分を少し切っていたので、いい感じ。6キロ過ぎで最初の給水もうまくこなし、徐々に自分のペースを掴みことができました。昨年10キロ付近の給水エリアが短く、水を取るのに失敗したので、今回は注意していたのですが、やはりまだ人がばらけていなくて混み合い、エリアの後ろの方で取ろうとしたら、飴とか置いていなくてまたも給水失敗。昨年より気温は高めで、この後15キロ付近までは少し辛かった。しかし脚の調子は良く、気を付けないと、オーバーペースになる。私のランニングウォッチは、0.5キロ毎にラップタイムが表示されるので、2分20秒台で、それ以上速くも、遅くもならないように注意しました。
古河はなももマラソン01
コースはこんな感じ(写真は2015年大会のもの)

中間地点でまでは、順調に走れました。しかし25キロ過ぎから、少し足の疲れを感じました。26キロ付近で予定通りにエネルギージェルで栄養補給。少し楽になった感じも、やはり思った以上に疲れがある感じで、同じペースの人を見つけては後に付いて行くようにする。30キロ地点でネットタイムを確認すると、残り12.2キロを5分/キロで走っても90秒の貯金があることを確認。ここで少し気が緩んだ?のが悪かったのか。
古河はなももマラソン02
31キロ付近(写真は2015年大会のもの)

31キロ付近で予定通りBCAAのジェルを補給。少し楽になった感じがあるものの、徐々に失速ぎみ、0.5キロ毎のラップで時々2.5分を超すタイムがあり、少し焦るも平均すれば5分/キロ程度思いました。(後で記録を確認すると5.1分/キロ。)35キロ過ぎからはかなりヘロヘロになりながらもなんとかサブ3.5は大丈夫だと思いながら、36キロ付近で2つ目のエネルギージェルを補給。失速しながらも無理のない走りをしていました。意識もかなり朦朧としていたのではっきりしませんが、徐々に失速して40キロ手前では5.3分/キロ以上まで落ちてたと思います。で、40キロ地点を通過したところで、ランニングウォッチを確認すると、ネットで約3時間18分20秒。残りを5キロで走らないとサブ3.5が達成できないこと(正確にはもう少し余裕がありましたが、疲れた頭ではそこまで細かな計算ができない)が、なんとなく判りました。なので、その後は必至で走りました、これまでも頑張って走ったことはありますが、今回は無理して走った感じ。ともかく、全力で残り2.2キロを走りました。(それでも記録を確認すると5.1分/キロでした。)意識は朦朧、タイムを確認する余裕もなく、ただ全力でゴールを目指しました。必死の思いでゴール。ゴール後すぐにランニングウォッチを確認すると、何とか30分を切り目標は達成。
古河はなももマラソン16ぎりぎり7サブ3.5

これまで、フルマラソンで最後ここまでペースアップしたたことは無く、ゴール後脚の状態が尋常ではなかった。完走メダルと記録書をもらって、約200m先の陣取っている所に戻ろうとするのですが、脚が攣りそうでいつものように歩かない。ゾンビなような歩き方(笑)で何とか自分の場所に戻り倒れこむ。5分程休憩して、何とか復活。軽くストレッチ等して体を解して、何とか普通に戻りました。
古河はなももマラソン14古河市売り出し中のカレー麺は売り切れ

古河はなももマラソン15お土産にいつもの納豆と、今回はごかぼも