48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年日光杉並木マラソン
2017年日光ウルトラマラソン(62キロ)
2017年鹿沼さつきマラソン
2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2017潮来トライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2017年日光杉並木マラソン

杉並木マラソンは今回で3回目。しかしここ5年間は、参加してなく、久々となりました。

この大会は10キロのスタートが8時35分と朝早く、最もこの時期なのでその方が涼しいので、近隣の私は嬉しいのですが、遠方から来る人達は大変みたいです。それでも普段は走れない杉並木を走れるということで、人気のある大会のようで、去年まで5年間は大会参加は抽選式を取っていたようです。会場は昔と変わらず小学校の校庭を使っていて、大会の雰囲気は手作り感のあるのんびりした感じです。
2017日光杉並木マラソン01
10キロの前に親子マラソン等が行られます。

5年間の間でいくつか改善されたところがあり、まずスタート前に並ぶ順が目標タイム分けされていました。前回はかなり遅い人が前に並んでいたりしましたが、今回は自主的に目標タイムのブロックに並ぶ方式で、スタート後混み合うことが少なく走り易く結構良かったです。(申し込み時にタイム申請する大会でも、遅い人が前の方にいることが頻繁にあるのはなぜなんだろう?非常に不思議に思う)
私は7月にかなり調子を落としてスピードが上がらなくなり、それを意識して最近スピードアップに取り組んできたので(前のベストの状態に戻す)、今回はどこまでタイムをち締められるか確かめたく、ガチで走ることにしました。最低でも年前のタイム49分30秒を切れるように、47分台を目標として、50分以内で走るブロックの真ん中辺に並びました。
2017日光杉並木マラソン02スタートのブロック分け  2017日光杉並木マラソン03セーラームーンが

この大会のコースは、基本往路下り、復路上りで、3回目なのでそれもよく判っているつもりでした。しかし、スタートして直ぐに、こんなに下っていたっけ?という感じを受けました。また思った以上に傾斜の変化があり、それに伴ってスピードも変化していく。
2017日光杉並木マラソン04杉並木は気持ち良い 2017日光杉並木マラソン05折返し ここからが大変

47分台を目指すために、往路はなるべく飛ばすことに。後半の上りを考えると前半は21分台で走り切りたいと思ったのですが、折り返して少し行ったところにある中間地点では22分台で、上り後半の25分は苦しくなりそう。実際、前半はかなり飛ばしても息が乱れることは無かったが、折り返してからは一気に息が上がってくる。それでも私は下りよりも上りの方が得意なので、ここからは結構前の人を抜いて行く。
2017日光杉並木マラソン06色々なメッセージが  2017日光杉並木マラソン07

この日は8月としては比較的涼しかったと思うのですが、ガチで上りを走っていると大汗をかきます。給水所ごとに水を取り、順調に走ります。折り返す3キロもするとさすがに疲れてきますが、そこは10キロなので、ゴールは直ぐ。兎も角最後まで力を抜かず走り切りました。
2017日光杉並木マラソン08給水所  2017日光杉並木マラソン09ゴール

結局後半もいい感じで走り続けられ、47分28秒でゴール。ゴール後は一息ついた後、この大会のお楽しみの胡瓜を頂きました。(美味しかったです)
2017日光杉並木マラソン10


今回は帰りに日光東照宮近辺を観光して帰りました。
2017日光杉並木マラソン11東照宮  2017日光杉並木マラソン12二荒山神社


スポンサーサイト

2017年日光杉並木マラソン<速報>

今日は日光杉並木マラソンに参加してきまいた。いつものように今日は簡単に。

今回は最近の自分の不振が、どこまで回復したか確かめたくて、ガチで走ることにしました。暑さとアップダウンのあるコースを考え目標は47分台、最低でも50分を切ることとしました。結果、後半の上りも思った以上には苦しくなく走れ、47分28秒と良い結果を出すことができました。

5年ぶりの参加ですが、変わらず大会運営が無理をしていない身の丈のあった素晴らしい大会でした。ありがとうございます。

2017日光杉並木マラソン


日光ウルトラマラソン(62キロ)

我家から今市運動公園までは、車で約40分、しかし指定駐車場からシャトルバスでの移動を考え、4時50分頃家を出て、会場にはほぼ予想通り5時に到着。受付をして、体育館横で着替え等準備を行いました。明け方降っていた雨も止み、今日はなんとか雨は無さそう、しかし晴れたら暑くなりそうで、服装に少し悩みましたが、短パンにノースリーブシャツの一番涼しい恰好にしました。

20分前にスタート位置に並ぶようにアナウンスがあり、荷物を預けた後、ストレッチをして15分前くらいにスタート位置へ。並び順はブロック分けをしている訳でなく、基本早く並んだ順。特にタイムを気にする訳ではないので、あまり気にせずにそのまま並びました。さて、今回の私の計画は20キロまではジョグペースで130~140分で走り、そこをスタート地点と考えフルを5時間~6時間で走る。(ロングトライアスロンを念頭に、疲れた脚でフルを走り切る感覚を少しでも掴みたかった)。とは言え初めて42キロ以上を走るので、どうなるかは少し不安でした。スタートまで大会MCが色々盛り上げていましたが、内容はあまり覚えていない。フルに比べると62キロではみんなのんびりした感じでスタートを待ち、そのままの感じでスタート。この大会は基本歩道を走ることになり、最初の頃は場所によっては結構狭く走り難かったりしました。
日光ウルトラマラソン01のんびりスタート  日光ウルトラマラソン02最初は市街地を走る。

3~4キロ走った後、杉並木の遊歩道に入ってからは並木が綺麗なのはもちろん、道幅も広くなりnり易くなります。しかし日光東照宮近くまでの最初10キロは基本上り坂。ペースが上がりすぎないように、注意しながら走っていきました。杉並木公園となっているところは、以前近くでキャンプした時の朝一人でランニングしたことがあるのですが、今回はさらにその先の杉並木が続く所を走り、それは思った以上に長く2キロ以上は走った感じでした。
日光ウルトラマラソン03杉並木はやはり気持ちよい    日光ウルトラマラソン04

その後はバイパス道路に出て、歩道を再度走り、日光の街中を目指します。そして日光駅の近くにきたとき初めての信号待ち。スタート直後の旧今市市内はたぶん信号を調節して(警察が誘導していた)ランナーが止まることのないようにしていました。その後は街中を出るまでは度々信号待ち。信号待ちしているときは、ラン中はあまり動かない箇所を動かし、体を解す様に心がけました。

日光ウルトラマラソン05    日光ウルトラマラソン06

そして折返しの目印となる神橋が見えてきました。私はその神橋を渡れるものと勝手に思い込んでいたのですが、そのようなことはなく、それを左に見ながら右折してそして結構急な坂を上って行きます。ここでは途中から無理せず、ストレッチをする感じで大股で歩き体力も温存することに。そしてしばらくは下り。最初結構急坂でスピードが出る。スピードを落とそうかとも思いましたが、反ってブレーキで脚に負担がかかりそうなので、うまく脚が回転する範囲で速度を上げていきました。

日光ウルトラマラソン07神橋    日光ウルトラマラソン08結構急な坂

そして13キロ付近のエイドに着いた時、そのエイドの充実ぶりに驚きました。まだわずか13キロですが、色々なお菓子がたくさん、羊羹、饅頭、揚げ湯葉、生湯葉まで。後で気づきましたが、いくつかのエイドではその付近のお土産になるようなお菓子が豊富に置かれていました。今回のマラソンの目的の一つは走りながら栄養を補給することであったので、ここでは羊羹他、いくつかい美味しく頂きました。結局、トイレもあったので、ここで5分以上は止まっていたような気がします。
日光ウルトラマラソン09どれを食べるか悩みます。  日光ウルトラマラソン10揚げ湯葉

で、再度走りはじめ、自分が1つの区切りにしている20キロ地点を目指しました。で18キロ付近のエイドに入るとここも先ほどではないにしろいろいろ置いてある。桃の形の饅頭が美味しそうでついつい手が出てします。(笑)少し口の中が甘ったるいと思ったら、すぐ横には漬物が。押しく頂き、また体を冷やす用に柄杓と水が用意されていたので、頭に水をかけ走り出しました。
日光ウルトラマラソン11この頃は完全に晴れてました。    日光ウルトラマラソン12

しばらく走りようやく20キロ地点、時間は2時間15分程度だったと思う。脚は当然まだまだ元気。ペースも早いわけではないので、これまでと同じ感覚で走り続けることにしました。
日光ウルトラマラソン13自分ではスタート位置の20キロ地点 日光ウルトラマラソン14信号で休憩

しばらく行って大きな通りに出て左折。スタート付近(決して直ぐ近くではないですが)に戻ってきて、これから鬼怒川方面に向かいます。(何度も訪れたことあるところなので土地勘があって判りやすい)しばらく幹線道を走って、そのまま行くと思いきや途中で左折して人家のある方へと進んで行きます。駅が見えたと思ったらその手前でエイドステーション。ここは普通のものだけでしたが、固形の一般的な補給食があったのでそれを頂き、また頭に水をかけ走り始める。踏切を渡り、暫く走り、結局元の幹線道路に戻る
日光ウルトラマラソン15        日光ウルトラマラソン16

しばらく幹線道路走り、再度左折して田舎道へ。今度はたぶん日光江戸村に向かっていることはなんとなく判りました。この辺から少し右ひざに違和感があるのを感じました。しかしジョグペースで、しかもまだ30キロにも行っていない。この後痛くなることはないと気にせずに走ることに。そして日光江戸村に到着。しかし中には入らずそこの横を走って行く。
日光ウルトラマラソン17        日光ウルトラマラソン18日光江戸村方面へ

ここも私の思い違いで中には入れないのかとがっかりしていたら、一番奥まったところから中に入り、ちょっとしたエイドもあり、殿様たちの応援もあり、殿様と記念写真を撮ってもらい走り始めました。(シャッター位置をちゃんと教えなかったためか、残念ながら写真は写っていなかった)
日光ウルトラマラソン19

走っているとやはり右膝が気になる。少しづつ痛みに変わってくる感じ。鬼怒川にかかる橋を渡り、坂を上っているとき遠くからSLの汽笛が聞こえてきました。確か東武日光線で今年夏からSLが走ると聞いてはいたのですが・・・。しかし聞こえる距離からして、見えることは無いだろうと走っていくと、なんと駅の裏側に着きました。しかし残念ながら、SLの姿はありませんでした。少し気落ちしながら走り続ける。この頃になると、膝の違和感ははっきりと痛みに変わりつつある。なぜ?、少しホームを変えたり色々考えながら走っていきました。
日光ウルトラマラソン20この辺から完全に膝が痛くなってきた。

しばらく走っていくと再度駅が見えてきて、しかもなんとSLが止まっているではないか。折角なので止まってまじまじと眺め、写真を撮りました。
日光ウルトラマラソン21   日光ウルトラマラソン22C11型 大樹号

その後再度走り始めたのですが右膝がおかしいのは明らかで、上りになると走るのがつらく歩くことに。それにしてもまだ32キロ程度!※▼○泣!! これより速いペースで30キロ走を2週間前と3週間前にそれぞれ行っているのにな~~。しかし、痛いものは痛い。これはリタイヤを考えなければと思ったのですが、先週館山トライアスロンで雨に負けて出場を見送ったことが重く圧し掛かって来ました。2週連続でのリタイヤはあまりにも自分自身情けなく、なんとしてもゴールを目指したい。とりあえず行けるところまでは行ってみることに。
日光ウルトラマラソン23無情にも坂が結構多い(泣)

日光ウルトラマラソン24鬼怒川鬼の階段  日光ウルトラマラソン25上から振り返る。

37キロ付近のエイドに着いた時は、既に平地でも走って歩いて繰り返す用なっていましたが、嬉しいことにここでアイシングを受けることができ、お願いして右足を冷やしてもらいました。アイシングしてもらって少し楽になり、何とかこのまま行けるかと思ったのですが、それもつかの間、結局はすぐに前と同じ状態に。少し行って東武ワールドスクエアに入り少し気分的には楽しんで、後は右膝を庇いながら走ったり歩いたり。で、何とか42.195地点へ。時間は5時間20分!。時間は予定より少し遅い程度ですが、まさかこんな脚になるとは・・・・・・・・。

日光ウルトラマラソン1東武ワールドスクウェア  日光ウルトラマラソン242.195キロ地点

この後のことは簡単に書きます。
本来なら、痛めた脚で走っても故障を大きくするだけなのでリタイヤするのですが、今回は意地になりゴールすることを選びました。歩く距離と走る距離は段々逆転して、50キロ付近ではほとんど走れなくなりました。そして走ることによって膝がより痛くなり歩くことも辛くなってきて、しかし走らなければ膝は痛くないことから、52キロからは歩いてゴールすることにしました。

日光ウルトラマラソン3後ろからSLが・・・  日光ウルトラマラソン4幹線道路を離れ田舎道へ

日光ウルトラマラソン550キロ付近でそうめんを頂く  日光ウルトラマラソン26とにかくゴールを目指す

日光ウルトラマラソン27苦行!(笑)   日光ウルトラマラソン28でも少しづつでもゴールに近づく

日光ウルトラマラソン29       日光ウルトラマラソン30トトロも応援しているし

日光ウルトラマラソン31見覚えのある道路(国道119号)  日光ウルトラマラソン3257キロ付近のエイド

最後の頃は歩くのも辛くなりましたが、何とかゴールしました。歩いてのゴールは恰好悪いので(MCいるのでなおのこと)、最後の最後100mだけは、何とか走りました。
日光ウルトラマラソン33  日光ウルトラマラソン34MCの声が 日光ウルトラマラソン35ゴール

ゴール後、少し休んで帰路に着きました。シャトルバスから指定駐車場に降り、自分の車まで歩くときには足を引きずるようになっていました。翌日もまともに歩けず、2日目には普通に歩けるようになりましたが、1週間たった今も走ると膝が痛くしばらくRUNはお休みです。やはり無理して走っても、いいことはありません。

日光ウルトラマラソン36
ステージではローカルアイドルが。日光のアイドルかと思いきやなぜか大阪のアイドルでした。


日光62キロマラソン<速報>

今日は日光ウルトラマラソン(62キロ)に参加してきました。詳細は後日として
マラソン大会自体は大変すばらしいものでした。しかし私の結果は最悪・・・・
62キロどころか42キロもまともに走れず、最後10キロは全く走れず、意地で歩いてゴールしました。タイムは約9時間。かなり、思いっきり凹んでます。
マラソン0702-1
62キロは約600人が参加

マラソン0702-2
日光江戸村の中に少し入ったりします。





2017潮来トライアスロン

潮来トライアスロンは昨年も出場しているため、会場までの道のりも順調。夜明けの4時半に家出て、6時過ぎには指定駐車場に到着で来ました。バイクを組立大会会場に着いた頃、調度受付開始。全てが前と同じと思いきや、今回はトランジットエリアの位置が変更になっていました。出場者名簿を見ると、参加者が前年より2割程度増えている感じ。なので少し広いところに移ったのかも。また、スイムのウェブスタートも3グループから4グループに増えでいました。
潮来トライアスロン5指定駐車場のショッピングセンターに貼ってあった

順調にトランジットの準備も終え、開会式に参加。競技説明で、スイムの入水方法が変更になったとのこと。昨年は多くの人が乗り半分沈みかけた桟橋からの入水が、マットを引いた岸辺から変更になり、これは嬉しい知らせ。昨年は入水も、上がる時も大変だった。また昨年はなかった眼鏡置場が岸辺に用意され、視力の悪い私には助かりました。潮来トライアスロン2
トランジットエリアは少し広くなった。
潮来トライアスロン1セット完了

さて、開会式も終わり早めに、アンクルバンドを貰って試泳まで暫し待機。試泳もマットを引いた岸辺から入水。昨年と同じくやはり水は結構冷たい。しかし、ウエットスーツをロングジョンからフルスーツに変更したので、昨年よりは大丈夫そう。10分弱試泳して岸に戻る。岸に上がる時は、マット以外のところから上がろうとしたのすが、護岸のブロックに藻が生えていてなかなか上がれない。入水位置や競技中の上陸位置にマットがある理由がよく判りました。
潮来トライアスロン3
今年も良く晴れました。鉄橋方向に泳いで行く。

しばらくして、競技開始、しかし私たち高齢者は最後の第4ウエブなので、スタートは第1ウェブの9分後、第3ウェブの後、スタート位置でフローティングで待ちます。今回は(も)、バトルを避けるため、結構外側からスタート。スタート合図後いつものように最初は自分のペースを守ることを心掛け泳ぎ始めます。昨年同様水中の視界はゼロ。時々ヘッドアップをして、前方を確認しながら泳いで行きます。なるべく空いているところを泳いでいるつもりでも、やはり周囲との接触はあり、ならば同じペースの人の後ろに付いて行ことするのですが、前の人の足すら水中で確認することが難しく、何度もトライしましたが、結局あきらめました。そして昨年同様、なぜか左側からぶつかってくる人が多い。それでも何とか自分のペースでそこそこのコース取りで折返しのブイまで到達。そこからも順調に進み、そしてまた昨年と同様、2周目に入るかなり手前から、第1ウェブの速い人に追いつかれます。今回はそこでは接触はなかったのですが、2周目折返しのブイ近くで、前に遅い人がいて、抜こうかとしているときに左右からそれぞれ別の人が迫ってきて、結局4人で軽いバトル状態に。私はスピードを大きく落としてそこを離脱。その後は最後の方まで特に問題なく自分のペースでスイム。しかし最後の岸近く。私の前を泳ぐ人が、ゴール地点が判らないのか私の前を右に行った、左に行ったり。何度か顔を蹴られそうになり、こちらも大きくスピードダウン。それでも無事にスイムは終了してトランジットへ。(岸辺にマットを敷いた方が桟橋よりも上陸しやすい!)

トランジットエリアに着いて一つ目の問題。ウェットスーツから手が抜けない!。フルスーツは昨年途中から使用して脱着の練習もして昨年は何の問題もなかったのですが、半年以上脱着をしていなかったので、脱ぐときのコツを忘れてしまっていた。いつもより30秒以上はロスして、何とかウェットスーツを脱ぎ次の準備を初めて、2つ目の問題というか、大きなミスに気付きました。靴下を履こうとして、それを忘れていたことに気付きました。時間の節約で、靴下を履かない人はいくらでもいますが、バイクはともかくランでは靴下がないとかなり不安。(これまで靴下なしで走ったことなどない)頭の中では、ランとき足が擦れて滲んでいる光景をこのときは想像しました。しかし今更どうしようもないので裸足のままバイクシューズを履き、バイクパートへ。

バイクコースは、ほぼ平坦で、曲がるところも少なくバイクの下手な私には向いているコース。昨年より風が強く、特に最後の周回の土手を走る時の向かい風がきつかった。今回は私より遅い人が結構いて(と言っても十人前後ですが)、しかし当然抜かされることの方が圧倒定期に多い。常に早い人の邪魔に成らぬようキープレフトを守って走っていますが、今回は最後まで結構気持ちよく走ることができ終了。(特筆すべきことはありませんでした)

トランジットに戻ると毎度のことながら他のバイクはほとんど戻ってきている。靴の履き替えは手際よく行え、帽子をかぶりランパートへ。ランのコースも昨年と同様で、土手の狭い道の片道2.5キロを2往復。昨年は天気も良く、気温も高く暑さとの戦いになり、最後はヘロヘロでのゴールとなりましたが、今年は天気は良いもさほど暑くもなく快調に走り始めました。
潮来トライアスロン01
ランコース

走り始めて直ぐに、比較的若い感じの人に抜かされたのですが、その人のペースが私のペースに似ていたので、暫くついていくことに、しかし直ぐにペースが少し早いことに気付きましたが、行けるところまで付いて行くことにしました。ランコースは狭いので前の人を抜いていくのも少し大変なのですが(3人並ぶのがやっとの狭い道を往復するので、往復の人が同時に抜く体制を取ることができない)、前の人に続いて順調に遅い人を抜いていく。昨年ほどは暑くはないものの暑くはあり最初の給水もしっかり取る。ペースが少し早い分息も上がってくるが、ここは本業だけに頑張ることに。1回目の折返し以降、前を走る人との距離が5mくらい開くこともありましたが、5キロまでは付いて行こうと踏ん張りました。体もかなり暑くなってきて、2度目の給水では半分水を飲み、半分は頭に掛けるようにしました。何とかペースを守って5キロの折返し。前を行く人も順調に走っていく。ここで自分のペースを落とすとずるずると速度が落ちていきそうで、最後まで前の人のペースで追っていくことにしました。結局ペースが速く結構苦しかったですが、なんとか最後までペースを落とさず、前の人と3秒差程度でゴール。自分のランニングウォッチを見ると45分台だったのでかなり満足。ゴール後、前を走っていた人にペースメーカーとして後を走らせてもらったことを告げ、お礼を言って少し話をした後分かれました。
潮来トライアスロン4
>ゴール

その後陣取っていた場所に戻り、昨年の経験から用意していた保冷剤で体を冷やして一息つきました。そして今回は早々に帰路に着きました。

後日、ホームページで掲載されたリザルトによると私の成績は
   総合2時間51分29秒 245位(完走363人中)
      スイム 0:37:24 294位
      バイク 1:28:07 311位
      ラン  0:45:58  107位

   スイムが思った以上伸びなかったのが今回の反省点です。