48歳からのマラソン日記
♪ 風景を眺めて、季節を感じて、楽しく走しろう ♪

大会レポート



全大会レポート一覧

2017年霞ヶ浦マラソン
2017年幸手市さくらマラソン
2017年勝田マラソン
2017年高根沢町元気アップマラソン
2016年はが路ふれあいマラソン
2016年宇都宮マラソン(ハーフ)
2016年芳賀町梨の里マラソン
2016年水戸黄門漫遊マラソン
2016年上州太田スバルマラソン
2016古河はなももマラソン
2016いわきサンシャインマラソン
2016下野市天平マラソン
2015はが路ふれあいマラソン
2015かさま陶芸の里ハーフマラソン
2015ぐんま県民マラソン
2015さくら市マラソン
2015鹿沼さつきマラソン
2015古河はなももマラソン
2015桐生掘マラソン
2014はが路ふれあいマラソン
2014那須烏山マラソン
2014大田原マラソン
2014足利尊氏マラソン
2014アクアラインマラソン
2014熊谷さくらマラソン
2013さのマラソン
2013那須高原ハーフ&ファミリーマラソン
2013宇都宮マラソン(親子)
2013芳賀町梨の里マラソン大会
2013ゴーマン杯南会津町ふるさと健康マラソン大会
2013真岡井頭マラソン
2013ミヤラン
2013小山思川さくらマラソン
2013勝田マラソン
2013高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会
2012宇都宮マラソン
2012茂庭っ湖マラソン
2012上州太田スバルマラソン
2012日光杉並木マラソン
2012板橋Cityマラソン
2012羽生さわやかマラソン
2011つくばマラソン
*** トライアスロン ***
マロニエトライアスロン
2016サンライズイワタ
2016うつくしまトライアスロン
2016潮来トライアスロン
2015九十九里トライアスロン
2015うつくしまトライアスロン
2015榛名湖リゾートトライアスロン
2014たかはらやまトライアスロン



プロフィール

<トマ>

Author:<トマ>
1963年5月生まれ
(48歳 2012年2月プログ開始時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
基本的に土日祝の朝10キロランニング
栃木県宇都宮市郊外在住

* フルマラソンを楽しみながら *          
* 4時間以内に走ることが目標 *



最新記事



カテゴリ



カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



つくばマラソンの失敗

来る3/18の板橋Cityマラソンは、3回目のフルマラソンとなります。初回、佐野マラソンは上々の結果であったのでしたが、去年11月のつくばマラソンは、・・・・

簡単に状況を説明しますと、前半思っていた以上にペースが遅く、折り返しで2時間を少し超えていました。目標は最低でも4時間を切ることを目指していたので、そこからかなりペースアップしまい、35キロあたりから膝が痛くなりだし、途中痛みを抑えるため、立ち止まって屈伸すること4,5回...無事4時間以内にゴールはしたものの、その2日後まで足を引きずることに....

タイムより、自分の実力にあった走りをして、ある程度の余裕を持ってゴールすることが、一番の目標であったはずなのに、自分の実力を無視した走りをしたことに自己嫌悪。かなり凹みました。
(時間のあるときに写真を加えて大会の様子を詳細に書きたいと思います)
DSCF0629.jpgつくばマラソン スタート直後(スタートラインまで5分かかりました)


で、今回は前回以上に練習に取り組み(といっても、1ヶ月間だけ水曜日の夜RUNのプラスと、20~32キロを数回加えるだけですが)、堅実な走りに挑みます。
スポンサーサイト

初フルマラソン後

最初は10キロを走りきる体力を維持するため、初めたマラソンでしたが、初マラソンを完走して欲が出てきました。(笑)
目標を60歳まで年1回はフルマラソンで4時間以内で完走すること。70歳まで毎年1回はマラソンを完走すること(目標タイムは60歳ごろ決めます)に変更。というか、新たに設定。

その後も休日の朝は10キロ走り続けました。初マラソンを終えて、しばらくすると、フルマラソンを近い内にもう1度走りたいと思うようになり、4月の霞が浦のフルマラソンにエントリーしまた。これに備えるため3月13日にある自分の実家のある埼玉県羽生市のハーフマラソンにもエントリーしました。
モチベーションを高め、休みの日走り続けていたのですが、

東日本大震災でこれらは中止。
私の住む宇都宮市郊外(東部)も震度6強の揺れがあり大きな被害を受け、(私の家を含め阪神大震災以降に立てられた家は被害は少なかったですが、)13日の朝、家の近くを走ることによと、被害の大きさを知ることが出来ました。(幸い人的被害は少なかったです)
多くの人がそうであったと思いますが、1年目のマラソンシーズンは、これで終了しました。


初めてのフルマラソンまで

2011年春 フルマラソン出場を決意してから...

マラソン大会は多くあるけども、調べるとフルマラソンの大会は思ったほどなく、近くで開催される栃木県内のフルマラソン大会は2つだけ。その1つ大田原マラソンは制限時間4時間と自分の実力では無理と判断。あと1つは佐野の大会でこちらは制限時間5時間なので、何とか出来そう。

ということで、12月初旬の大会を目標に、以降練習を行いました。
と、言っても、これまでとやることは変わらず、休日の朝に10キロを走るだけでした。ちなみに速さは当初は10キロを1時間くらいでしたが、秋には50分近くに縮まっていました。
夏も早朝に走り、何とかノルマ(休みの日に10キロ)を乗り切り、いよいよ秋のマラソンシーズン

この年の記録
10月群馬県太田市のスバルハーフマラソン(1時間45分)
11月宇都宮市のハーフマラソン(1時間39分)
11月は水曜日夜も10キロ走り、いよいよ12月初のフルマラソン佐野大会。
その前に試しに家の近くを30キロを走ってみましたが、何とか3時間で走れました。
DSCF0219.jpgスバルマラソン かなり厳しい峠越え(しかし‘11年にはなくなっていた)


初マラソンの目標は4時間に近いタイムで、最後まで走ってゴールすることとしました。
前半は、無難に速度を落として、ハーフを1時間55分くらいにと考えていたのですが、思ったていた以上に遅く半分でちょうど2時間。そこから少し速度アップ。そしていよいよ未知の30キロを超えることに、35キロあたりで足が重くあり、その後は少し苦しみながら走り続けました。
DSCF0247.jpg佐野大会のグランド 開始前の練習風景

結果は、最後まで走りきりタイムは3時間58分。最高の結果を出すことが出来ました。
感動ということは全くないですが、少し自分に自信を持つことができました。


まずは、自己紹介。

最初に簡単に自己紹介します。

1963年5月生まれ(48歳 2012年2月時点)
男性、身長163cm 体重51kg
運動神経無し、ただし体を動かすこと、マイペースでの運動は好き
(じゃりん子チエのひらめちゃんタイプ)
栃木県宇都宮市郊外在住

マラソンをはじめるまでの経緯

2006年頃から、会社の健康キャンペーンで毎日1万歩以上を歩くことを目標としていました。
それに伴い土日の朝にウォーキングを開始。
2008年頃から、歩数を効率よく得るために、軽くジョギングを開始。
そして、2009年夏、ジョギングに飽きてきたたため、モチベーションを高めるため、11月に家の近くで開催される宇都宮マラソンの10キロにエントリーしたのが、ことの始まりでした。

エントリーした後、試しに10キロ走ってみたのです...が、最初6キロ程度で膝が痛くなってしまいました。膝が何処か悪いのかと、ネットで調べると、なんと単に走る筋肉が出来ていないだけと判明。正直ショックでした。それから、週末に膝が痛くなるまで走り、(1週間するとそれが収まるのでまた走る)、8週間位して何とか10キロを走れるようになりました。
その2週間後に本番のマラソン大会、タイムは48分と当時としては上出来でありましたが、翌日は足を引きずるような結果に終わりました。

練習コース 練習コースの1コマ

自分では10キロ走れるくらいの体力を持続させたいとの思いがあり、マラソン大会後も1,2週毎に休日の朝10キロを走るようにしました。しかし翌年2月になると、ただ走るのが飽きて、また何か短期的な目標がほしくなったのです。
それで、調べてみると5月に近くの鹿沼市でマラソン大会がありました。10キロでは前と同じなので、ここはハードルを高くしてハーフに挑戦することにしたのです。すると俄然モチベーションも上がり、これまで1,2週に1回であったのが、毎週1回もしくは、土日の2回走るようになりました。大会は5月連休明けの最初の日曜日であったため、5月連休中も毎日走り、連休最後に15キロぐらい走ってみるつもりで走ったら、なんと、15キロを楽に走れてそのまま21キロを難なく走ってしまいました。
大会当日は天気も良く、と言うより天気が良すぎて、走ることより暑くてきつかったです。タイムは1時間52分で完走、これまた当時としては上出来なものでした。

マイシューズ マイシューズ

で、これで、次の目標はフルマラソンとなった次第です。
前の年の8月の時点では、フルマラソンはなんて自分には関係ない。走れない。と思っていたのが嘘のようです。
言い方を変えると、半年前には全く出来ないと思っていたことが、出来る範囲に近づいた喜びがありました。